障害者雇用の実績が少ない企業に応募しない方が良いのか

障害者雇用を目指している人の中には、障害者雇用の実績を重視した企業選びをしている人や、判断材料にしている人も少なくないと思います。

やはり、障害者雇用の実績が豊富な企業の方が、障害者に対する配慮や理解が浸透している事が多いですし、意思疎通の齟齬が発生しないように対策されている事が多いです。

そのため、「働きやすさ」だけを考えるなら、やはり障害者雇用の実績が豊富な企業の方が良いと言えます。

しかし、一方でデメリットもあります。

一つは、障害者雇用の実績が豊富で、働きやすい環境を整えているのでしたら、既にほとんどの障害者雇用の枠が埋められてしまっている可能性、そして少ない採用の枠に沢山の応募がくることが予想できます。

大手企業になると、将来的な退職も含めて、法定雇用率を下回らないように、余裕を持って採用する事も多いですが、それでも少ない採用枠に多数の応募がきます。

そして、競争率が高いということは、企業側が選べる立場となるので、健常者と同じように働ける身体障害者などが採用されやすいと言えます。

中小企業でしたら大手程に競争率が跳ね上がる事は少ないと思いますが、障害者雇用で雇うべき法定雇用率も下がるので、実績面を考えると大手程に安心できない可能性もあります。

スポンサーリンク

企業に頼り切りの就職活動はオススメしない

実績が全くない企業の中には、碌に障害者雇用ができる環境を作らずに、法定雇用率を達成するためだけに、採用活動している企業も確かに存在します。

一方で法定雇用率を達成するためでも、真面目に障害者が働きやすい環境を前向きに考えながら、採用活動を始めようとしている企業もあります。

そのため、実績がないからといって、一概に働きにくいという訳ではありませんし、障害者自身も一緒に企業の環境を良くしていく努力が求められます。

人も企業も、始めての取り組みをする際は全く経験も実績も無い0からスタートであることは共通しています(社員が他の企業で障害者雇用をしている可能性はありますが)。

その点を見落として、実績がないから応募を止めるというのは、チャンスを逃す事に繋がることもあります。

また、実績があろうと、無かろうがブラックな企業の可能性もあります。

そのため、実績だけではなく、一般雇用も含めた離職率なども考慮する必要があると言えます。

そして、何よりも面接を通して、担当の人事の人や職場の雰囲気の中で働けるかどうか考えてみるとよいと思います。

障害者雇用の実績が無い・少ない企業との面接

障害者雇用の実績が無い企業の場合は、事前に人事が研修などを受けていることがあっても、実際に障害者を雇用する不安を消すことは出来ていないと思います。

そのため、どうしても面接を通して、自社の仕事を割り振ることができるかどうか、しっかりと確認したがったり、意思疎通の面の不安を解消したがる傾向があります。

したがって、面接の受ける場合は、事前にしっかりと自分のできる事を伝えられるように言葉をまとめておきましょう。

面接官側が質問を通して、知りたい情報を引き出してくれるのが一番良いのですが、前述したように障害者雇用の採用が経験豊富な人事は少ないので、あなた自身がしっかりと自身の事を伝えられるようすることが大切です。

そして、自分が出来ることなどを伝えることができれば、企業側も仕事を細分化するなどして、障害者に割り振る仕事が生み出す事ができる上に、企業全体の効率を上げる事も出来ます。

その辺りの意思疎通が上手く行かないと、仮に採用されても、お互いに戸惑って、職場に居づらくなることもあるので注意が必要です。

なお、ハローワークや支援機関、または転職エージェントを利用しているのでしたら、担当のスタッフも交えて話せば、プロの支援担当者の意見を参考にしながら企業が配慮をすることができます。

そのため、積極的にハローワークや支援機関、または転職エージェントを利用するとよいと思います。

⇒転職エージェント・就労移行支援事業所

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする