うつ病は回復する兆しが出た時期が危険

投薬治療などの効果で、うつ病特有の倦怠感や無力感などが薄れて、活力が湧いてくる回復期は一見すると、社会復帰して、仕事を探し始めたりする上で最適な時期にも思えるかもしれませんが、実はうつ病を以前よりも悪化させることもある危険な時期でもあります。

そのため回復期とは、うつ病が寛解に向かっている段階であり、回復期前、またはそれ以上に悪化する可能性もある事を忘れないことが大切です。

したがって、治ったと思って主治医の指示なく投薬を辞めたり、無理に就職をする事はオススメしません。

スポンサーリンク

回復期が何故危険なのか

体にエネルギーが湧き始めて、うつ病になる前の生活を取り戻したいと思う一方で、思ったように集中できなかったり、うつ病になる前は普通に出来た事が出来なかったりといった現実により、ストレスが溜まったり、自信を失う可能性もあります。

また、自分で行動していくという意欲があるからこそ、周りに頼りにくい精神状況になる事もあります。

回復に向かっている際に、上記のような事が重なると、本当に元の生活に戻れるのか、社会復帰できるのか…と気持ちが落ち込み、症状が悪くなることもあります。

そのため、回復に向かっている段階では、仮に体に活力が湧き始めているからといって、そのエネルギーを一気に使っていくのではなく、家族や主治医の人などと相談しながら、少しずつ以前の暮らしができるようにして行く事が大切です。

おそらくですが、それでもイライラを感じたり、自分の不甲斐なさに落ち込む事はあると思います。

それでも、少しずつ寛解を目指していきましょう。

無理をして、一人で抱え込む事なく、頼れる部分は周りに頼る事も大切だという事を忘れないでください。

うつ病を抱える人の就職活動

うつ病は再発しやすい精神障害の一つとも言われます。

そのため、うつ病が治ることを寛解(見かけ上は治っている、軽減している状態)と呼ぶことも多いのです。

就職活動する場合は、障害者雇用として働くか、それともうつ病であることを隠して就職するか悩む点だと思います。

※寛解した後も手帳を更新して貰うのか不安を感じる人もいるかもしれませんが、寛解後も同じ医院に通院し続けているのでしたら、手帳を更新してくれることは多いと思います(絶対ではありませんが)。

もし、回復期に就職活動をするのでしたら、やはり障害者雇用で様子をみるか、またはアルバイトなどでシフトを少なくして働き始めることをオススメします(障害者雇用の場合は、将来的に一般の正社員になれるかどうか確認しておくとよいと思います)。

寛解しているのでしたら、周りと相談した上で自分で決めるとよいと思います。

無理をして再発するのはオススメしませんが、やはり障害者雇用だと給料も低くなるデメリットもあります。

どのような働き方が自分にとって一番良いのかよく悩んで決めるがよいと思います。

ただ、履歴書の空白期間が長く、あなたの年齢が若者とは言えない年齢だと、正社員に就職するのに苦労する可能性もあります。

スムーズに就職できない事も考えて、根気強く就職活動していく覚悟も忘れないようしましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする