うつ病で仕事を休むのは甘え・怠けなのか?

うつ病は医師が診断をした上で、うつ病と判断したのでしたら、れっきとした精神疾患の一つと言えます。

そのため、うつ病で休むことは、甘えでも怠けでもありません。

ただし、うつ病で会社を休み続けることを、必ずしも受け入れてもらえるわけでもないことは知ってください。

障害者雇用として働いていて、一定の配慮のもとで休む場合や、一般雇用として働いていて、手続きを取って休職したり、有給休暇を取得するなら問題ではありません。

しかし、障害者雇用だったとしても、休みの連絡を怠ったりしたらは、それは社会人としてのマナーからは逸脱していると言えます。

また、一般雇用として働いている場合は、うつ病だからといって、ずっと休み続けることができるわけではありません。

安定して勤務できず、休職をして体調を改善することもできないのでしたら、解雇処分や自主退職の推奨をされても、それは仕方がないと言えます。

企業は基本的に利益のために存続しています。

そのため、「自分はうつ病と診断されたのだから急な欠勤も仕方がない」とはなりません。

うつ病で休む事は甘えでも怠けでもありません。

しかし、だからといって、あなたの仕事環境次第では許容されないケースがあることも忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

うつ病になったらどうやって働けばいいのか

一般雇用として働いている中で、うつ病と診断されたのでしたら、休職するか転職するかどうかを考える必要が出てくると思います。

うつ病の症状は、人によっても変わりますが、一般的には不眠、食欲や性欲の低下、無気力感などが挙げられます。

軽度の場合でしたら働き続けることもできるかもしれませんが、朝の出勤ができなくなるといった症状が続くようでしたら、職場からの信頼を失っていく危険性があると言えます。

また、悪化すれば症状が重度になったり、幻聴や幻覚が聞こえる統合失調症を併発させるリスクも出てきます。

そのため、うつ病の診断を受けたのでしたら、無理をせずに休む事と、環境を変えることが大切になってくると言えます。

休職などで時間を作って体と心を休めるか、過度なストレスがかかっていると推測される今の職場から逃げ出すことを考えるべきと言えます。

また、難しいかもしれませんが、今の職場にうつ病であることを伝えて、もっと楽な部職に一時的に移して貰ったり、仕事量を減らして貰って、負担の軽減などを相談するのもよいと思います。

どちらにしても、休職する場合は、理由を伝える必要があるので、嘘をつかずに伝えることも考えるべきかもしれません。

ただし、休職にも期間の制限があります。うつ病の症状によるミスや欠勤が重なると、企業側はあなたがうつ病であることを知っているので、単なるミスなどとは思ってくれません。

その場合は、就業規則次第ですが、仕事を普通に遂行することができない健康状態ということで解雇要件に該当する可能性もあるので注意が必要です(ミスの大きさや、企業側が本当に対応しきれないかなどが考慮された上となると思いますが)。

何度も言うように、うつ病で休むのが、甘えや怠惰でもありません。しかし、だからといって解雇されない訳ではないのです。

うつ病の原因を改善することは必須

仮にうつ病の症状を改善させても、うつ病を発生させたと想定できる環境に戻っては意味がありません。

結局は、また再発するリスクが高いからです。

そのため、どうしても環境の変化は重要になってきます。仕事環境に問題があるなら何度も言うように企業に相談して仕事量を減らして貰ったり、部署を変えてもらう、難しいなら転職などを考える必要があります。

問題なのはプライベートに原因がある場合と言えます。

具体的には、親の介護だったり、人間関係といったストレスが挙げられるかもしれません。

これに関しては、周りに相談したりしながら解決していくしかない……としか私には言えません。

危険なのは1人で全て抱え込んでしまうので、周りに相談することが大切であることは忘れないようにしてください。

重度になれば薬が必要になる

うつ病の仕組みは、まだ解明されていませんが、脳の神経の細胞同士が上手く情報を伝え合う事ができなくなり、気分・意欲・記憶に関わる感情を上手く伝えられなくっている状況を指すとされています。

軽度なら短期間で症状が治まる可能性はありますが、重度になると完璧に治すことが難しくなり、薬がないと職場といった多かれ少なかれストレスがかかる場所では働くことが難しくなるケースもあります。

また、症状が落ち着いた寛解状態になっても、ちょっとしたことで再発することもあります。

そうなると、一般雇用で働く事が難しくなるので、障害者雇用として働かざるを得なくなると言えます。

※うつ病で精神障害者保健福祉手帳を取得する方法

⇒うつ病でも障害者手帳を貰えるのか

障害者雇用として働く事になると、配慮を受けることはできますが、給料は健常者よりも下がる傾向がありますし、出世も難しくなることが多いです。

そのため、やはりうつ病にならない環境で働く事が一番と言えます。

障害者雇用なら急な欠勤も許されるのか

雇用契約を結び際の条件次第だと思います。

ただし、朝の体調が悪いからすぐに休むのではなく、出勤時間をずらすことができないのかといった話し合いは必要です。

障害者雇用だからといって無条件で欠勤などが許されると思うなら、それは甘えと言えるかもしれません。

うつ病なのは仕方がないことです。それを前提に働くのですから、休みや遅刻が必要なら、しっかりと連絡を取り合うことは大切です。

また、服薬が前提とした仕事なら、服薬を忘れるといったミスなどは避ける必要があると言えます(服薬による眠気なども主治医に相談したり、職場に伝えておくことも大切です)。

障害者雇用として一度採用されたら簡単に解雇される可能性はないかもしれませんが、無断欠勤が多かったり、選考時に承諾した、求められる仕事ができない場合などは、どうなるかわかりません。

その点は忘れなようにしながら働くようにしましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする