うつ病の再発を会社に隠している人へ

うつ病は真面目で、周りに迷惑を掛けたくない人ほどに、ストレスを抱えて発症しやすく、そして寛解しても再発しやすいです。

そして、障害者雇用として働いている人の中には、うつ病が再発したといってもいい程に悪化していながら、隠してしまっている人もいらっしゃると思います。

うつ病になっているかどうかを判断するのを、他者が判断するのは難しいです。

家族でしたら、一緒にいる時間も長いのでわかるかもしれませんが、職場だと、同じ空間にいても、相手の体調や仕事の状況を常に把握している訳ではないので、なかなかうつ病と結び付けられないことが多いのです。

また、周りに迷惑を掛けたくないと思っていたり、寛解を迎えていたうつ病が再発したことで、退職・解雇に追い込められないか心配して、何とか隠そうと「大丈夫」と振舞ってしまうケースも決して珍しくありません。

しかし、自覚はあると思いますが、症状を悪化せている原因が取り除かれないと、うつ病の症状は悪化して行くだけです。

障害者雇用として働いているなら、上司に相談して、対応して貰う事も大切なことです。

スポンサーリンク

原因の改善

障害者雇用をしている企業は、その労働者が抱える障害に対して一定の配慮する必要があります。

そのため、もしあなたが今の勤務時間では体調が限界だったり、残業ができないといった理由があるのでしたら、しっかりと相談しましょう。

企業側からしたら、あなたに倒れられたり、出社できなくなる前に相談してくれた方が好ましいのです。

特に、症状を隠して真面目に働いているのでしたら、職場にとってもあなたは、必要な人材になっていると思います。

実際に、精神障害者の短期離職率は決して低くなく、なかなか障害者雇用で採用した人が定着しないことに悩んでいる企業は多いです。

だからこそ、真面目に長期的に働く姿勢をしている人には、障害を落ち着かせて、長期的に働けるように、できる限りの配慮をしようとしてくれる事が多いです。

もちろん、ブラック企業もあります。

しかし、ある程度働いていきたのでしたら、自分を切り捨てるブラック企業か否かは判断する事ができると思います。

また、ブラック企業で働いている自覚があり、うつ病が悪化しても何も対応してくなかったり、自主退職に追い込まれる危険性がるのでしたら、そのような職場からさっさと転職するべきです。

せっかく、障害者雇用として就職することができたことから、何とか続けたいと思っているかもしれませんが、体調を崩して働けなくなったら意味がありません。

うつ病を隠しながら真面目に働くガッツがあるのでしたら、そのガッツをもっと優良企業で評価してくれる企業で活用するべきです。

障害者雇用に特化した転職エージェントもあるので、もし興味があるのでしたら、利用を検討してみてください。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

プライベートに問題がるなら休息して解決策を練る

職場が原因の場合は、転職するといった手段で原因を解決することができますが、一方でプライベートの場合は、そうはいきません。

しかし、残念ながらプライベートの原因は人それぞれですし、逃げ出すことができる人もいれば、できない人もいらっしゃいます。

どちらにしても、解決するには、相応の時間と体力の消耗があると思います。

そのため、うつ病を再発するために、休職などを会社に申請するなどして、一気に解決したりすることを検討してもよいと思います。

休職などをとって解決できることではないのでしたら、周りに相談するなどして解決していく……としか残念ながら言えません。

避けるべきことは、1人で抱え込まないことです。

周りに相談することを忘れない

うつ病になりやすいのは、やはり最初に述べたように、真面目で責任感のある人になります。そして、周りに迷惑を掛けることを怖がる人になります。

特に一度うつ病になって、仕事を辞めることになったり、家族に心配をかけてしまったことがある人ですと、再発し始めていることが周りに知られて、心配を掛けたり、仕事ができなくなったりする事態を避けたいと思ってしまうと思います。

気持ちは分かりますが、結局再発したうつ病を悪化させていっては、同じ結末になってしまいます。

そのため、症状が軽い段階で、主治医の人や会社の上司、または家族に相談して、どのように対応していく考えるようにしましょう。

周りに頼ることは悪いことではありません。特にあなたが隠してしまっては、周りは気づくこともできず、後々相談して欲しかったと悩ませることになることもあります。

そのため、周りに相談することの大切さを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする