特例子会社は障害者にとって働きやすいのか

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

特例子会社とは、特例子会社認定の要件を満たした会社を指します。

特例子会社は、事業主が障害者雇用を前提として設立した会社であり、障害者が働く上で特別配慮されている会社になります。

具体的には、

会社のバリアフリー化

障害者が仕事をする事を前提とした業務が集約されている

専任の指導員の配置

親会社との人的関係が緊密

上記のような配慮がされています。

そのため、障害者にとっては非常に働きやすい事から、競争率もそれなりにありますが、就職活動する上で検討の一つに考えても良いと思います。

スポンサーリンク

会社が特例子会社を設立する理由

何故特例子会社を会社がわざわざ設立するのだろうかと疑問に感じる人もいらっしゃると思います。

そのため、特例子会社に就いての制度を少し述べて行きたいと思います。

もし興味がない人は、呼び飛ばして貰っても良いと思います(特例子会社に入社する方法に関しては後述します)。

特例子会社を会社が設立するメリット

障害者雇用促進法によって、従業員が50人以上働いている会社は、法定雇用率で2%以上を達成できるように、障害者を雇う必要があります。

もし、雇わない場合は罰金の支払いを求められます。

会社によっては、罰金を選ぶこともあり、実際に雇用の義務のある会社の半数以上が法定雇用率を達成できていないとされています。

しかし、大手のグループ会社になると、子会社も多くなるので、罰金の額も増えますし、大手グループ会社が障害者を雇わずに罰金を選ぶのは、社会的立場のある大手からしたら避けたいのです。

そこで、特例子会社の設立をして、効率よく障害者の雇用をする大手の会社は増えています。

特例子会社の仕組み

特例子会社設立が認められれば、その子会社の障害者の雇用は、親会社グループにも適用されます。

そのため、一つ一つの子会社、そして親会社ごとに法定雇用率を達成する必要が無くなります。

社会貢献や障害者の雇用を促進させたいといった気持ちから特例子会社の設立に踏み出す会社もありますが、一方でやはり自社のメリットが大きいといった側面があるからこそ、設立しているのも事実です。

ただ、結果的に子会社ごとにばらばらに少人数障害者を雇うよりも、一つの特例子会社に障害者雇用で入社した人にやって欲しい業務を集約したほうが業務が効率化します。

また、全ての子会社、そして親会社をバリアフリー化させる事は難しくても、一つに絞ればバリアフリーを充実させて、障害者の人でも働きやすい環境を作る事ができます。

そのため、大手の特例子会社は非常に人気が高いと言えます。

特例子会社に入社するには

通常の障害者専用の転職サイトから求人を探す事は可能です。「特例子会社 求人」と検索すれば、求人は出てくると思います。

日本の大手メーカーなどになると、一般の正社員と変わらないような充実した待遇で迎えて貰う事ができます。

ただ、一般公開されているような求人になると、競争率も高いですし、応募条件も高いです。

特例子会社を運営している側も慈善事業ではないので、障害の程度は当然考慮しますし、業務の適正やコミュニケーション能力もシビアに見ます。その分、給料も良い傾向がありますが、採用されるまでのハードルは高いです。

そのため、待遇が良いという事は、任せた業務に関しては健常者と同じ仕事能力を期待していると思った方が良いかもしれません。

ハローワークや就労移行支援事業所を利用する

自分一人で就職活動に挑むのは非常にストレスが掛かりますし、相談できる相手もいないので、就職活動が上手くいかないと、すぐに息詰まることになります。

そのため、ハローワークや就労移行支援事業所、または転職エージェントを利用して、企業と自分の間に入ってサポートして貰ってください。

ハローワークは、専門の人が少なく、サポートが充実していないこともありますが、就労移行支援事業所でしたら、専門のスタッフが多く、特例子会社や障害者雇用をしている会社との繋がりが強い傾向があります。

詳しいサービス内容に関しては就労移行支援事業所が提供する就職支援とはで述べていますが、求人の斡旋から、就職するためのトレーニングから模擬面接、履歴書の書き方といったサポートもしてくれます。

障害者を対象にした模擬面接などを受けられる場所は少ないので、上手く利用して、優良な会社の内定を目指しても良いと思います。

また、就労移行支援事業所でしか扱っていない求人があるケースもあるので、就職できるチャンスも広がります。

特例子会社に働きたい人は勿論ですが、それ以外の民間企業の障害者雇用の求人も視野に入れて活動したいのでしたら、就労移行支援事業所の利用を考えてみてはどうでしょうか?

特例子会社と一般の民間企業の障害者雇用:どちらが良いのか

会社によっても差はありますが、働きやすさで言えば、やはり特例子会社になります。

人によっては、一度特例子会社で働いたら、一般の民間企業の障害者雇用として働く事が難しくなる場合もあります。

理由としては、やはり特例子会社は障害者の方に働いて貰う事をを前提とした仕組みが既に作られているので、指導してくれる担当上司も慣れていますし、仕事に関してもマニュアルができているケースも多いです。

また、バリアフリー化もされているので安心して働く事ができます。

加えて言えば、特例子会社は、全社員の20%以上を障害者雇用で占める必要もあるので、障害者同士の人間関係も構築しやすいです。

とにかくバックアップ体制が整っているので、会社によって差はあっても特例子会社は障害者にとって働きやすいといえます。

ただ、業務が固定化しやすく、ルーティングワークになりやすいので、健常者と同じように働ける人にとっては、物足りなくなる場合もあります。

しかし、一般の障害者雇用に転職すると、特例子会社のように障害者の理解が職場に進んでいなかったり、仕事内容も会社側が試行錯誤の段階であるケースもあります。

そのため、障害者雇用で働いている労働者と一般雇用の労働者の間で誤解などが生まれて、トラブルが発生することもあります。

仕事のやりがいがある一方で、特例子会社よりも負担は重くなり、トラブルも発生することが多いです。

一概に特例子会社が絶対に良いという訳ではありませんが、全体的に言えば、障害者に理解のあるや特例子会社の方が働きやすと言えるかもしれません。

ただし、特例子会社は数が少ないですし、競争率も高いので、固執し過ぎると、なかなか就職先が見つからなくなる危険性もあるので注意してください。

⇒障害者の求人を扱っている転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする