適応障害を抱えていても就職することができるのか

学校の生活、私生活の中で多大なストレスを受ける要素があって適応障害を発症させてしまった。

また、仕事環境によって適応障害を発症させて、働き続ける事が苦痛になってしまった。

慣れる事の出来ない、または精神的に辛いと感じてしまう環境下で、ストレスを抱えながら生活することが原因で適応障害を発症させてしまうことがあります。

適応障害はうつ病と違って、適応障害の原因となっていたストレスを改善すれば、早ければ6ヵ月程度で軽減されると言われています。

言われています……が、そんなものは、個人差があるので、あまり参考にはなりません。また適応障害からうつ病を発症させてしまったりすることもあります。

また、ストレスの解消に関しても、簡単に解消できるものばかりではありませんし、そもそもストレスの原因が今一判断する事ができないこともあります。

そのため、自分でストレスの原因を解消していったりすることができなければ、カウンセリングなどを利用することも検討して、適応障害を軽減させて行く事にもなります。

そして、この記事を読んでいる人は、適応障害の症状が軽くなり、就職活動に目を向けている人になると思います。

ただし、適応障害になった経験があったり、症状が良くなっても完全に治ったわけではないと、なかなか新しい環境に飛び込むことを躊躇ってしまうと思います。

そのような人は、この記事を読んで、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

適応障害を抱えながら就職活動

適応障害は、症状による個人差が激しいです。実際はうつ病と言ってもよく、障害者手帳の申請ができる程に悪化している人もいれば、一般雇用の正社員として働ける程度に改善している、または悪化していない人もいらっしゃいます。

ただ、学生の方の場合は、新しい環境に飛び込むことになるので、仮に適応障害が軽くても、慣れない環境で悪化する可能性は十分あります。

そのため、普通の学生以上に、自分の向き不向きを検討した就職活動が必要になると言えます。

一度辞めた社会人経験のある人の場合は、全くの未経験な仕事よりも、慣れ親しんだ仕事を選ぶことも考えましょう。

ただし、適応障害の原因が仕事上避けられない環境だった場合は、逆に絶対に選ばないようしにましょう。仕事内容に問題があったのか、ブラックな職場環境が原因だったかも考えてみて下さい。

また、医師と相談して障害者手帳の取得も考えて良いと思います。

障害者雇用でしたら、職場内に適応障害である事を考慮してくれますし、就職する上で就労移行支援事業所等を利用して、就職活動のサポートを頼む事をもできます。

特に学生の方などは、社会人経験がない人がほとんどだと思うので、担当のスタッフと相談できるのは非常に心強いと思います。

デメリットとしては、やはり一般雇用よりも待遇面が劣る点と契約社員からのスタートが一般的な点と言えます(契約社員から正社員になった人も少なくはないです)。

適応障害である事をオープンにして、一般雇用の就職活動をすることもできますが、やはり障害を抱えていない求職者と比較されるので、なかなか採用されないことも覚悟する必要があると言えます。

就職活動の方法には、メリットとデメリットがあるので、周りとも相談して、一番の自分の合った方法を選ぶとよいと言えます。

ただ、無理をすると、より症状の悪い精神症を引き起こすこともあるので注意してください。

長期的な視野で働く

何度も言うように無理をして働く事はオススメしません。

適応障害は、うつ病や統合失調症などと比べると比較的に軽度のことが多いです(医師の判断によっても変わりますが)。

逆に悪化させれば重度のうつ病などになる可能性があります。そうなると、簡単に社会復帰ができなくなることもあります。

適応障害はうつ病と重い精神障害などになる前の警告状態と言われることもあります。

そのため、ある程度症状が落ち着くの待つのも大切ですし、どのように働いて行くのかじっくり考えるのも大切です。

また、仕事をしている中で適応障害かもと…と思ったのでしたら、迅速に医師に相談して、症状を進行させないようにする事も大切です。

もし適応障害ではなくても、ストレスを貯め込み続ければいつから、体調不良を起こします。

休日などを利用してストレスを解消することも大切なことを忘れないようしましょう。

特に適応障害を抱えながら、または治まったことから、努力して就職できたことで、周りよりも頑張ろうとし、結果的にストレスで症状を悪化させたり、再発させたりする人は少なからずいらっしゃるので注意しましょう。

⇒障害者の就職活動をサポートしてくれる機関・転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする