就労継続支援事業A型とB型の違い

一般の民間企業等で現段階では困難な障害者の方のために、就労の場を提供してくれるのが就労継続支援事業所になります。

就労継続支援事業所A型に関しては、雇用契約を結び、原則最低賃金が保障された中で業務をすることになります。

そして、将来的には障害者雇用などを利用して一般就労できる事を目的としています。

そのため、A型に関しては、障害者のための職業訓練としての意味合いも持っていると言えるかもしれません。

一方でB型に関しては、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して就労の機会を与える事業所になります。

意味合いだけを見ると、雇用契約を結んで働けない人…となるので、A型よりも障害が重い人が多いと思う人が多いかもしれません。

その側面も持ちますが、最近は法改正の影響もあって、A型で働ける条件が厳しくなり(短時間勤務がしにくくなった)こともあり、障害者雇用などを利用して民間企業で働く程の覚悟がまだない人が、仕事に慣れるためにB型を利用する人も増えています。

また、A型よりもB型が増えていることから、通えるのが範囲の事業所が単純にB型しかないといったケースもあります。

そのため、就労継続支援事業所A型とB型どちらが良いのか、悪いかは、一概に決めつけることはできません。

スポンサーリンク

就労継続支援事業A型とB型の給料の差

働く側にとっての就労継続支援事業所A型とB型の大きな違いの一つが給料の違いと言えます。

A型の場合でしたら、前述した要に最低賃金が保障されているので、下限を判断するのでしたら、事業所のある都道府県が規定している最低賃金と働く時間を掛けることで判断することができます。

そのため、人によっては障害者年金と合わせれば、それなりにお金を得られることもあります(障害者年金がもらえるどうかは、年金機構の判断次第になるので注意してください)。

B型の場合は、月給で1~2万円稼げるかどうか…になるので、外に出て働き始める事を一番の目的としている場所と言えるかもしれません。

前述したように、純粋に外に出て働き始める事だけを最初の目的にするのでしたら、縛りが緩いB型の方が良いケースもあるので、給料のみで判断することはオススメしません。

また、法改正でA型の経営が難しくなっているので、空きを見つけるのも難しくなっています。

なお、B型の給料は、時給計算ではなく、作業分の工賃になります。

就労継続支援事業所で自立して生活することはできない

A型もB型も残念ながら、自立して一人暮らしできる程に給料を貰う事はほぼできません(障害年金を含めても難しいと言えます)。

そのため、親の負担などを減らし、自立して働く事を考えるのでしたら、やはり将来的には民間企業で障害者雇用として働く事を考える必要がでてきます。

働き始めは、どのように就職活動を始めれば良いのか分からないと思うので、就労移行支援事業所等を利用すると良いと思います。

担当のスタッフが就労に向けて一緒に考えてくれます。

あなたの障害次第では、無料で利用することもできるので、支援機関の利用を考えてみてはどうでしょうか?

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする