障害を隠して就職しても許されるのか

障害を隠して就職したいか、それともオープンにした上で就職したいかどうかは、基本的に本人の自由と言えます。

抱える障害を企業に知らせることも義務にはなっていません(私が調べた時点になります)。

また、入社後も会社は、強制的に障害の有無を答えるような方法を取る事はできないとされています。

実行されるとしたら、自由回答による、障害者雇用や就労サポートを望む人のためのアンケート程度になると思います(ブラック企業だと分かりませんが)。

特にコンプライアンスが厳しい大手程に、障害といった個人のプライベートに対してデリケートに扱うと思います。

スポンサーリンク

障害を隠して就職する際の注意点

当たり前ですが、障害を隠すということは一般雇用になると思います。そうなると、障害に対しての配慮は一切して貰えません。

自分で体調面をコントロールする必要がありますし、仕事内容も障害を言い訳にした失敗や処理能力の遅さも許容して貰えません。

全て自分で解決していくことが求められることを忘れないようしましょう。

そのため、障害を隠しながら働く場合は、健常者の就職活動以上に、事前に応募する企業の仕事内容や残業時間、休日数、有給休暇の取得率といった情報を収集する必要があると言えます。

その上で、健常者の人達と同じ勤務時間で、同じように働けるか考えましょう。

就職した後に障害をオープンにする場合

会社側は、就職した後に障害者になったのか否かまでは把握することができません。

どちらにしても、障害者だからすぐに解雇……なんて事はできないと思います。

できませんが、休職による改善が見込むことができない。または、一般雇用として働いて貰う上で、通常業務をして貰う事が難しかったり、会社側が社会通念上求められる範囲内の研修や教育を施しても、障害が理由で一般社員同様の仕事ができない……となると、解雇される可能性があります。

障害者、健常者関わらずに、就業規則や雇用契約書に定めている勤務時間の仕事のできなかったり、能力面で会社側のサポートではどうにもならないと判断されたら、会社は社員を解雇することができてしまうのです。

これは、障害者雇用で働く場合も同様になります。

※詳しくは障害者雇用で入社した後に解雇される原因で述べているので参考にして頂けると幸いです。

そのため、障害の関係上でどうしても通常業務や正社員に求められる労働時間をこなすことができないなら、就職する前に自制する必要があると言えます。

また、解雇されなくても、退職勧奨をされることは可能性もあります。退職勧奨とは、簡単に言えば自主退職して欲しいと言われることです。

解雇ができないなら、職場に居づらくさせるといった手法とも言えます。

残念ながら、障害をオープンにしたことで、上記のような扱いを受けて、辞めざるを得なくなる人もいらっしゃいます。

仮にオープンにするなら、障害者雇用に移して貰えるか頼むことを前提にした方がいいかもしれません。

おそらく、オープンにするか考えるということは、体調面などの面で支障がでてしまったケースになると思います。

その点をどうにかするなら、休職するか、障害者として配力して貰うなどが必要になることが多いと思います。

どのように働いて行くのか、働行けるのかを考えた上で障害を隠すべきか、否かを決めて行きましょう。

障害を隠しながら働いている人は少なくない

障害を隠しながらも健常者と同じように働いている人はいらっしゃいます。

障害の症状や仕事の経験、向き不向きと個々によって違うので、出来るかどうかは本人次第ですし、隠しながら正社員として働いている方が偉い訳でもありません。

本人に合った働き方をすることが一番大切です。

もし、障害を隠しながら働くなら、前述言ったように、企業の配慮などが不要か、仕事内容や勤務時間は大丈夫かと言った情報収集は忘れないようしましょう。

また、障害者雇用の求人も、給料が低い代わりに勤務時間の融通が利き、仕事がシンプルなものから、一定の配慮があれば健常者と同じように働ける人を募集している待遇の良い求人のものまで幅広くあります。

本当に障害を隠しながらではないと、自分が求める仕事と待遇の職場で働く事ができないのかも考えてみてはどうでしょうか?

ここでは、少し一般雇用で働く事に対してネガティブなイメージを強くしてしまいましたが、障害を隠しながら一般雇用として働きたいと思っているなら、あくまもでそれが可能かしっかりと考えた上で決断した方がいいというだけです。

問題ないという決断ができたのでしたら、挑戦して行きましょう。

先ほど言ったように、働き方は沢山あります。そのことは、忘れないようにしてくださいね。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする