会社は社会貢献のために障害者雇用をしているのか

障害者雇用として働く側としても、会社にとっての障害者雇用のメリットとは何かと気になる人もいらっしゃると思います。

障害者でも健常者と同じように働いてくれる、分野によっては健常者よりも責任をもって効率良く仕事をしてくれる…こういった理由を見かけることもありますが、そもそも採用をしないことには気づく事が出来ません。

また、障害者雇用をする事のメリットを聞いて採用使用する会社も確かに存在するかもしれませんが、一方で設備面の充実による費用、社内の研修、理解の浸透、支援機関との話し合い、そして仮に採用してもすぐに辞めてしまうかもしれないリスク…といったデメリットも同時に耳にしているはずです。

その上で、障害者雇用に踏み切る理由としては、一つは社会貢献という意識を持っているケースが多いです。

後は、最近は障害者雇用を促進するために、国が積極的に動いているのも理由として言えるかもしれません。

特に法定雇用率が未達成の場合は障害者雇用納付金の徴収だけではなく、改善が見られない場合の最悪のケースとして民間企業、国及都道府県の機関でも社名を公開されるリスクがあるのも企業側が障害者雇用をする理由として挙げられるかもしれません(法定雇用率を超えていたり、一定の要件を満たしていれば逆に国からお金が支給されます)。

もちろん、他にも会社によって障害者雇用を積極的に取り組む違ってきますし、その理由も様々です。

しかし、上記の2点を全く意識せずに、障害者雇用を始めるケースは少ないのではと個人的には思っています。

そして、障害者雇用を始めて、自主的に障害者雇用を積極的に進めていく企業もあれば、一定数以上は尻込みしてしまう企業ケースもあります。

その点に関しては、会社側の資本力、採用時のミスマッチの回避、事業内容、職場の理解浸透、そして障害者自身のやる気や自己管理などによって変わってくると思います。

スポンサーリンク

障害者雇用として働く側は劣等感を抱く必要はない

社会貢献のために雇われているのかと思うかもしれませんが、一方で会社は慈善団体でもありません。

当然ですが、会社に貢献しない人を雇う余裕を持っている会社などありません。中小企業なら尚更です。

そのため、会社は社交貢献、国の後押しもあって障害者雇用という枠を利用して、労働者の採用を拡大していると言えます。

障害者雇用で入社した後に解雇される原因でも述べていますが、障害者雇用として採用されることで働き方に配慮はされますが、仕事に対して真面目に取り組まず、問題を起こせば当然解雇される可能性もあります。

逆に、しっかりと仕事に取組み、企業に貢献して行けば、会社に欠かすことのできない人材として扱われます。

また、会社側も障害者雇用を切っ掛けに業務の見直し、効率化を促進させることができて、業績を伸ばすことに成功することもあります。

そのため、障害者雇用として入社したからといって、劣等感を感じて働く必要はありません。

あなたに割り振られた仕事を、仕事に慣れながら覚えて、少しずつ効率良くこなしていけばいいのです。それが企業の利益と繋がって行きます。

一方で注意して欲しいのは、自己中心的な振舞いをしない事です。企業に貢献しようと毎日真面目に働き、使用者や同僚に信頼されている人もいれば、自分は尊重されるべきだと仕事に手を抜いたり、サボってしまう人も少なからずいらっしゃいます。

後者の場合になると、職場から自分の居場所が無くなっていき、働けなくなります。劣等感を感じる必要性はありませんが、傲慢になるようなことは止めましょう(障害の問題として配慮して貰いたい点に関してはしっかりと伝える必要はありますが)。

互いを尊重して謙虚かつ真面目に働く事は、障害者・健常者関係なく大切ことを忘れないでください。

障害者の雇用は増えるのか

法定雇用率の見直し、日本の人口の減少などで障害者雇用の求人は増えると思います。実際に、一番採用されにくいとされている、精神障害者の採用は増えています(それでも知的障害者、身体障害者よりも圧倒的に少ないですが)。

法定雇用率に関しては、全ての会社が守っている訳ではありませんが、それでも大手などの知名度の高い会社などは、知名度や求めらえる社会貢献性から採用を積極的にして行く事が推測できます。

⇒法定雇用率が引き上げられることで障害者は採用されやすくなるのか

また、社名公開というカードを国が所有しているので、やはり本腰をいれ始める会社も決して少なくないと思います。

ただ、個人的には、仕方がなく障害者雇用を始めるような企業に就職しても、障害者を受けいれる体制が不十分で双方が嫌な思いをする結果になる可能性が高いと思っています。

また、残念ながら障害者雇用をしている企業の中にもブラック企業は存在します。障害者雇用として働いている人に無理やり残業をさせたり、健常者と変わらない勤務時間と仕事内容を割り振っておきながら給料も低いといったひどい扱いをする会社もあります。

そのため、障害者雇用として働く事を考えているのでしたら、本採用されて働く前に職場体験などで働けるかどうか確認してから正式に働く事をオススメします。

できれば、支援機関などを通して就職先を探し、専門の支援機関のサポートの下で相談しながら就職活動する事をオススメします。

就職後も相談できる事が多いので、就職後に起こったトラブルに関しても1人で抱えることを避ける事が出来るので、非常に重宝する事が出来ると思います。

また、支援機関が扱っている求人でしたら、障害者雇用のノウハウを持っている会社と出会える可能性も上げてくれると思います。

詳しくは下記の記事で説明しているので参考にしていただければ幸いです。

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする