障害者の就職活動で大切なのは周りのサポートを無視しないこと

6f464d7157da4356ed8a1435b96fa89f_s

障害者の就職活動で一番大切なのは、周りのサポートを無視せずに、頼ることです。

障害も個性と述べる人もいらっしゃいますが、残念ながら仕事だけを見れば、ハンデとなる事の方が多いですし、そのために障害者雇用があるとも言えます。

そして、障害者雇用を狙った就職活動でも、自分一人だったり、家族のサポートだけでは、なかなか上手く行かない可能性があります。

理由としては、障害者雇用に関しては、閉鎖的な部分があり、支援機関や支援学校などが関わっている事が多いことが挙げられます。

ネットを利用して、障害者の求人を扱っているサイトなどを利用して応募するのも良いですが、そのような支援機関を通さない求人となると、軽度の障害者を対象にしていたり、技術を持っているような人が対象になっている事が多いです。

もし、今障害者雇用の就職活動が上手く行っておらず、上記のような就職活動をしているのでしたら、一度支援機関の利用なども考慮してみてください。

スポンサーリンク

支援機関の種類

ハローワーク、就労移行支援事業所、地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター、在宅就業支援団体、発達障害支援センター、難病相談・支援センター、障害者職御油能力開発校などがあります。

支援機関によって特長はありますし、名前を見ればわかると思いますが、特定の障害に特化している機関もあります。

機関によって就職するための職業訓練やトレーニング、そして求人紹介などして貰えますし、企業と障害者の間に入ってくれます。

就職後も定期的に面談などをしてくれる機関もあるので、上手く利用すれば、就職活動だけではなく、就職後の離職率も低くしてくれます。

ただ、最初に足を運ぶ際は、躊躇する人もいらっしゃいます。また、どの支援機関に足を運べばよいか悩む人もいらっしゃうると思います。

そのような人は、ハローワークや就労移行支援事業所などを利用すると良いと思います。ハローワークでしたら、障害者雇用の求人を多く扱っていますし、必要な他の支援機関の紹介もしてくれます。

就労移行支援事業所は、就職すためのトレーニングから求人の紹介まで幅広くサービスを提供してくれます。

もし、興味がありましたら下記の記事でオススメの就労移行支援事業所について述べているので参考にして頂けれ幸いです。

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

就職後も周りのサポートは必須

就職活動だけではなく、障害者雇用として働いて行く上でも周りのサポートは必須です。

そもそも、障害者雇用は障害者に対して配慮できる職場環境を整えることを会社に求めている制度になります。

ただ、会社によっては、障害者雇用の実績が少ないこともありますし、障害も個人差があるので、理解が不足しているケースもあります。

そのため、お互いに歩み寄って、情報を交換しながら、お互いに努力する必要があります。

また、お互いに相談しにくい点に関しては、支援機関を間に挟んで情報のやり取りやアドバイスを受けることもあります。

サポートを受けることに対して後ろめたいと思わない

障害を抱えているからサポートを受けたり、配慮して貰って当然と思ってはいけませんが、必要なら受ける事は悪いことではありません。

その事に対して、感謝をしながら、自分のできる仕事を進めて行くようにしましょう。

もちろん、会社も必要だから障害者雇用するのであることから、極端に遠慮する必要もありません。

その辺りの人間関係は難しいところですが、難しいのは一般雇用者同士も同様なので、相手の事と自分の事を考慮した上で働くようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする