生活のために障害者雇用ですぐに働き始めたい

ebb75edc21f2c03ad09a40cde7fceebb_s

障害を抱えていても、成人して社会に出て行かなければ生活費を稼ぐことはできません。

障害者年金で生活していくことも一応は可能ですが、障害の程度によっても受給金額は変わってきますし、余裕のある暮らしができる程に貰うことは、なかなかできないのが現状と言えます。

そのため、健常者程に…とまでは行かなくても、障害者雇用としてたらな働ける状態なら、積極的に社会で働くべきと言えます。

一方で本人の意思とは裏腹に、障害者雇用で簡単に障害者が働けない現実があるのも事実です。

スポンサーリンク

就職できるチャンスを増やす

ハローワークが一番代表的な求人を探せる場所になりますが、一方で競争率も高くなりやすいですし、企業の詳しい情報は集めにくいです。

ハローワークにもよりますが、企業の詳しい情報…契約社員から正社員への登用率や詳しい給料、勤務時間の情報などを持っていないことも多いです。

だからといって利用しないのはオススメしませんし、情報に関しても面接などで自分から聞いたり、スタッフに頼むのも良いと思います。

ただ、それ以外にも障害者の就職に特化した就労移行支援事業所や転職エージェントなども利用すべきと言えます。

民間企業が運営しているような就職・転職支援の方が、良い求人が揃っていることもありますし、個々のサポートも充実している傾向があります。

一方でハローワーク程に求人数が多い訳ではないですが、自分の希望に近い求人を紹介して貰えるので効率もよいです。

どれか一つに絞った方が良い訳ではないので、ハローワーク、就労移行支援事業所、転職エージェントを上手く利用して素早い就職を目指しましょう。

障害者のための作業工場などで働くのはオススメしない

最初のステップアップとして、障害者に働く場を提供する作業所などで働くことは悪くありませんが、給料は1カ月働いても1~2万円行くかどうかです。

生活のために働く事を考えるなら、やはりオススメはしにくいと言えます。

最低でも月に10万円以上、障害が比較的に軽いのでしたら、月に18~20万円前後は貰える職場を探すべきと言えます。

障害者雇用の給料は全体的に低いですが、一方で職歴があれば初任給を始めから高くしてくれるケースもあります。

また、前述したように正社員登用のある企業でしたら、能力と成果次第では給料を上げて行くこと可能です。

そのため、将来性のある企業で働けるように就職・転職活動をしましょう。

就職先が見つかりやすい障害とは

障害による差別はあまりよくありませんが、現実としては身体障害者が一番採用されやすいですい、給料も高い傾向があります。

その次は知的症障害者や、そして最後が精神障害になります。

知的障害者に関しては、受け入れ態勢が整っている職場が精神障害者よりも多いので、簡単ではありませんがん、職場を選り好みしすぎなければ障害者雇用として就職すること非常に難しいという訳ではありません。

逆に精神障害の場合は、会社側が対策を取りにくいことから、リスク回避のために書類選考の時点で落とす可能性が高い障害となります。

個々で応募すると、なかなか面接までいけないので、就労移行支援事業所や転職エージェントを利用して、専門のスタッフを通して、企業側に障害について理解をして貰えれば、ある程度採用されやすくなると思います。

就職に関しては、障害者側である求職者側の不安が取り挙げられやすいですが、企業にとっても不安は大きいです。

実績の多い企業でもできれば、間に人材紹介会社のスタッフやハローワークのスタッフが入ってくれた方が採用しやすいと言えます。

そのため、余程自信がないのでしたらら、周りのサポートに頼った方が、素早く障害者雇用で就職できると思います。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする