障害者のアスリートとして会社で働きたい

身体障害者になって死ぬほど落ち込んでいる中で、スポーツに出会い生きる活力を得ることができた。

知的障害を抱えいるが、スポーツを通して自分を成長させることができた。

スポーツを通して仲間を増やす事ができた。

リハビリのため、仲間を増やすためといった理由で始めたスポーツだったが、生涯続けて行きたいと強い気持ちを抱く方も決して少なくありません。

そして、リハビリ・治療のためでもなく、そして趣味以上にスポーツに打ち込みたい。アスリートとして活動してして大会に出場したい!

そのような希望を持っている身体障害者や知的障害者の人もいらっしゃると思います。

しかし、アスリートとしてスポーツの大会、将来的にはパラリンピックを目指したいと思っていても、金銭面を考えると難しいということで半ば諦めている人もいらっしゃると思います。

障害者の方がアスリートとして大会に出場していくとなると、競技用のものを購入して行く必要があります。

一つの例としては、車椅子の競技に参加するなら、日常生活のための国の補助がでる車椅子ではなく、競技用の車椅子が必要になるので金銭面の負担が重くなります。

そう考えると、働いてお金を稼ぐことは前提になります。しかし、しっかりと働こうと考えると、今度は大会で活躍できる程の練習ができないというジレンマを味わうことになります。

また、大会の日に仕事があれば、せっかくの努力が報われない結果になる可能性もあります。

そのため、もし本気で障害者のアスリートとして活動していくことを考えているのでしたら、あなたをアスリートとして支えてくれる会社で働けるように就職活動する事を検討してみるとよいと思います。

スポンサーリンク

大会を目指す障害者をサポートする会社

決して数が多いとは言えませんし、サポートも十分とは言いませんが、それでも会社として障害者のアスリートの方を支援してくれる会社も存在します。

期待できるサポートとしては、残業の配慮、大会の日の休日、会社によっては金銭面の補助(遠征費など)をしてくれるケースもあります。

ただ、会社側は自分達の利益も含んで障害者の人を採用するので、給料以外の金銭的な支援までは期待し過ぎない方が良いと思います。

あくまもで、大会に向けて練習する時間確保のために会社が配慮してくれる点、そして安心んして仕事とスポーツを両立できるように、長期雇用を前提にしてくれる点が大きなメリットと思いましょう。

会社がアスリートとして活動する障害者を採用するメリットとは

採用される側からしたら、何故定時に帰宅できるように配慮してくれたり、大会の試合時に休暇を勤務扱いなどにしてくれるような配慮をしてくれるのか疑問を感じる人もいらっしゃると思います。

スポーツに本気で取り組んでいる人は、本人が思っている以上に会社にとって魅力的なアピールポイントになることもあります。

例えば障害者雇用として採用した人の定着率は決して高くありません。すぐに辞めてしまう人もいらっしゃいます。

しかし、アスリートとして活動して行く覚悟がある人でしたら、簡単には辞めず、スポーツ時の集中力が仕事にも転嫁されるのではないかという期待されます。

また、スポーツは身体機能の向上だけではなく、2次疾患の予防、精神面のストレスの解消といった効果を期待できるともされています。

そして、実際にスポーツに対して本気で取り組み、練習を続けていられるということは、体調面の管理などにも注意を払っていると言えるので、会社としては雇用期間中の体調面の悪化といったリスクが低いと判断することもあります。

そして、何よりもスポーツを通して、困難壁を超え、大会に挑戦していくという意思を持っているというのは、仕事にも活かすことができる可能性が高いです。

あなたが本気でアスリートとしてスポーツと仕事、両方に対して手を抜かない覚悟を持っていて、その気持ちを伝えられるなら、その覚悟に応えてくれる会社はきっと存在すると思いますよ。

将来を考えてサポートしてくれる会社を選ぶ

アスリートとして活動する際に考える必要があるのは、やはり引退後の生活になります。

引退後のことはまだ考えたくないと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、引退後も生活は続いて行きます。そして、その引退は何時くるかは分かりません。

そのため、就職活動する際に、引退後も働き続けられる雇用形態なのか、必要とされる力を身に着けられるのかどうかもしっかりと確認する必要があります。

積極的にサポートしてくれる会社なら、引退後も考えて長期雇用を継続してくれる事が多いと思いますが、会社の業績次第ではどうなるか分かりません。

健常者のサラリーマンででも、40代、50代で仕事を失うリスクはあります。

そのため、長期雇用が前提となっているかだけではなく、仮に仕事を失っても、再就職できるスキルを身に着けられる仕事かどうかも検討しながら就職活動をしましょう。

アスリートとしてお金を稼ぐことは残念ながら現実的ではありません。

労働者として働いて行くことの将来もしっかりと考えましょう。特に引退後も、何らかの形でスポーツをしていく、伴侶や子供を支えて行く必要があるなら、避けて通れないと思いましょう。

会社の探し方

障害者雇用として採用してくれて、アスリートとしての活動もサポートしてくれる会社を自分で探すのは難しいと思います。

また、自分で探すとなると、どうしても選択肢が狭まりますし、障害の面の配慮して貰い点などを正確に伝えることも、あなたが思っている以上に難しいことが多いです。

特に障害を抱えてから、一度も働いたこと無いと、どのような点に配慮して貰えばいいのか分からない人も決して少なくないと思います。

そして、大手も含めて障害者雇用に慣れている会社は少ないです。アスリートの活動をサポートしている会社でも、障害によって個々に配慮すべき点だったり分からないことも珍しくありません。

だからこそ、お互いにズレが発生することも受け入れて、就職後も意見を言えるようにすることが大切と言えます。

しかし、会社側も労働者側となる、あなたも直接意見を言う事が難しいことも往々にあります。

「更に配慮のお願いをしたら、解雇されたりしないか」

「嫌な印象を与えたりしないか」

と思ってしまうケースも珍しくありません。

そして、会社側も障害について触れることを躊躇ってしまうケースもあります。また、お互いに話し合っても、いつも理解し合えるように伝えたい事を伝えられないこともあります。

だからこそ、障害者雇用に特化した転職エージェントや就労移行支援事業所など利用することをオススメします。

間に入る存在が大切になる

会社側からしたら、専門の支援機関が間に入れば、自分達がして欲しい仕事をしてくれる力があるかどうか、どのような配慮をすれば良いのかと言った仕事内容の適正からデリケートな面で直接本人に聞かず、事前に把握することができます。

また、障害者側からしても、就職・転職活動のサポートから選考の段取り…具体的には、就職前の職場体験の有無などを確認することができます。また、就職後も仕事の悩みを相談することができます。

就職後も相談できる場があるのは、非常に貴重と言えます。なかなか、相談する場を見つけられずに抱え込んで、どこかで爆発してしまう障害者の方も決して少なくないからです。

サポート体制としては、就労移行支援事業所の方が充実してい傾向がありますが、転職エージェントと違って費用が掛かることもあるので注意が必要です。

障害者の求人に特化した転職エージェント:アットジーピー

障害者雇用の就職・転職サポートを15年以上に渡ってしている、転職エージェントになります。

一般には公開されていない、優良企業の求人を扱っています。

そして、障害者アスリート専門の転職支援サービスをしている数少ない転職エージェントになります。

完全無料で利用することができますし、練習時間、遠征費用、大会の参加、引退後の不安といった悩みを抱えている人のために仕事を紹介してくれます。

対象者は、障害者手帳を持っている身体障害者と知的障害者になります。対象エリアも全国となっています。

また、現在競技実績がなく、これから競技を開始する人のサポートもしてくれます。

もちろん、競技のレベルも問われません。日本の大会から海外の大会まで、挑戦したい人の意思を汲み取ってくれます

競技と仕事の両立を目指して働きたいと考えているのでしたら、一度相談をして、求人を紹介して貰ってみてはどうでしょうか?

面倒な書類作成から面接サポートまで!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

転職エージェント:ラルゴ高田馬場

扱っている求人は、ラルゴ高田馬場の運営会社であるアスリートプランニングと取引のある企業約600社から、障害者雇用を積極的にしている企業になります。

もちろん、アスリート障害者の支援も積極的にしている転職エージェントになります。

他の転職エージェントと違って、運営会社であるスリートプランニングは、創業以来アスリートの支援し続けている会社になるので、障害者のアスリートとして働きたい人にとって心強いと思います。

そして、ラルゴ高田馬場は転職エージェントとしての役割になりますが、就労移行支援事業所であるラルゴ神楽坂のノウハウをサービスに融合させています。

そのため、障害者雇用のための就職・転職支援してくれるスタッフの質は非常に高いですし、サポート体制も充実しています。

ラルゴ高田馬場の転職エージェントの利用でしたら、無料で利用することができるので、安心して求人を紹介して貰う事が出来ます。

注意点としては、支援プログラムである障害福祉サービスを利用する場合は、就労移行支援事業所のサービスであるラルゴ神楽坂のサービスになるので、世帯収入次第え金銭面の負担が発生します。

そのため、利用する場合は相談した上で決めるようにしましょう。

もちろん、就労経験があり、能力面で問題ないのでしたら、無料である転職エージェントのサービスに始めから決めてもよいと思いますよ。

注意点としては、ラルゴ高田馬場は東京都にしか拠点がないので、お住まいの地域によっては利用が難しいと思うので注意してください。

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする