双極性障害で仕事ができないと諦めている方へ

双極性障害を抱えながらでも仕事をしている人はいらっしゃいます。しかし、双極性障害を抱えながら仕事をすることに恐怖感がある人が多いのも事実だと思います。

実際に、寛解状態になっていても、なかなか就職に踏み込めない人は非常に多いです。

また、就職することができても、寛解状態から再発してしまって、結局退職に追い込まれてしまう人も残念ながらいらっしゃいます。

そのため、双極性障害を抱えながら仕事をしようとすると、自己管理、そして周りからの理解が必要不可欠となってきます。

同時に双極性障害が悪化しないかどうかの不安と戦う必要が出てきます。

また、残念ながら精神障害は身体障害者や知的障害者よりも企業側が消極的な傾向があるので、就職しようと決意したからといって簡単に採用先が決まる訳ではありません。

ただ、それで焦ってしまってはいけません。

焦ってブラック企業に就職してしまっては意味がありません。

多少時間がかかっても、支援機関なども積極的に利用して、ミスマッチが少ない企業に就職できるように、事前に面談の時間や職場体験の時間をある程度取って貰えるような職場を選ぶことをオススメします。

最初に述べたように、就職することができない訳ではありませんし、しっかりと寛解状態を維持して働く事が出来るている人もいらっしゃいます。

難しいからといって、諦める必要は決してありません。

スポンサーリンク

双極性障害のコントロールを忘れない

双極性障害は、現状では完治ではなく、症状が収まっている寛解状態を維持することが最善とされています。そして、大抵は薬によるコントロールができるとされています。

もちろん、寛解を目指す上で薬以外にも周りの理解や環境も整っていることが前提になるとされています。

その上で、仕事を続けることになるのですが、人によっては「自分はもう大丈夫だ!」と思って、主治医などにも相談せずに薬を自分の判断止めてしまう人がいらっしゃいます。

そうなると、いつのまに寛解していた双極性障害が悪化してしまうこともあります。

気分が落ち込み自殺の可能性を引き上げるうつ状態も危険ですが、躁うつ状態による気分の高揚によるコントロールできない行動や発言で社会的な信用が失墜して働けなくなることもあります。

障害が原因だから…という理由で解雇されなくても、周りからの信用は簡単に戻りません。

障害だと理解されたからといって、障害が原因で他者の気分を害してしまったら、印象や苦手意識は簡単に払拭されません。

そのため、薬を減らしたいなどを考えている場合は、必ず主治医などと相談するべきですし、場合によってはいくつかの評判の良い医師がいる病院などに足を運んで相談する事も必要だと思います。

自分の双極性障害の兆候を知っておく

双極性障害の初期兆候を自分なりに知っておくとよいと思います。

うつ状態の初期状態は健常者でも抱えることがあるマイナスな気持ちもある、今一分からないこともあると思いますが、双極性障害の場合は躁うつの症状も手掛かりにする事が出来ると思います。

兆候は人によって違いますが、衝動買いが多くなる、お酒の量が増える、寝つきが悪くなる、人の物を盗みたくなる…などなどが挙げられます。もし、兆候がでてきたのでしたら、早めに家族と主治医に相談するようにしましょう。

双極性障害は、寛解状態を維持することが一番大切です。そのため、障害の悪化が見れるなら、会社から休みを貰って治療を最優先にする事をオススメします。

障害によって問題を起こす前でしたら復帰しやすいですが、問題を起こしてしまった後ですとやはり戻りにくくなります。

そのため、「まだ大丈夫」と思って無理に頑張らずに休む事も大切だと思いましょう。

根性や気合などで無理をしても残念ながら障害は良くならないことがほとんどですし、悪化する可能性がの方が高いです。

また、無理をするということは、健常者、障害者関わらずに後々無理をした分の負担が返ってくることを覚悟が求められるということです。

障害が悪化するだけではなく、体を壊す結果に繋がることもあるので注意しましょう。

どうやって就職活動をすれば良いのか

オススメの方法としては、やはり1人で就職活動をするのではなく、支援機関などを利用するとよいと思います。

収入状況によってなどで費用が掛かるかどうかも変わってくるので、金銭面の出費も必要になることがありますが、やはり第三者のプロに間に入って貰いながら就職活動できた方が求職者側も企業側も安心できます。

また、支援機関でしたら障害者雇用に理解のある企業の求人が多いですし、就職後のアフターフォローもある事が多いです。

就職して終わりではなく、就職がスタートになります。そして、トラブルなども就職後に発生するものです。その時に相談できる場所があるのも支援機関を利用する上で大きなメリットと言えるかもしれません。

もちろん、支援機関を利用すれば絶対に就職できるわけではありませんが、利用を考えてみて損はないと思います

興味がありましたら下記の記事を参考にして頂ければと思います。

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする