障害者の就職活動を成功させるなら相談相手を作る

障害者の就職活動のハードル一つが相談相手や仲間を作りにくい点と言えるかもしれません。

新卒の就職活動などで普通に就職活動をしようとすると、自分と同じように障害を抱えながら就職活動をしている仲間を見つけることは、なかなか難しいです。

そのため、孤立しながら就職活動をする状況になってしまう人は少なからずいらっしゃいます。

スポンサーリンク

障害者のための求人を探そうとするれば必然的に仲間や相談相手と出会える

ネットからでも障害者雇用の求人を探すことはできますし、その方法が間違っている訳でもありません。

一方で、自分一人の就職活動になっていくので、相談して一緒に就職活動をする仲間を見つけることができません。

そこでハローワークや就職支援機関などを利用して行く事も検討するべきと言えます。

就職活動は、どれか一つの媒体に頼らないといけな訳ではないので、有用なサービスは積極的に利用すべきと言えます。

そして、ハローワークや障害者専門の就職支援機関を利用することの一番のメリットは、相談相手を作る事ができる事と、同じように障害を抱えながら就職活動をしている人達の存在を知る事ができる点と言えます。

障害者雇用の就職活動が上手くいっていないと、本当に採用されるのか不安に感じる事も多くなります。

しかし、相談相手や同じ境遇の仲間がいることを実感できれば、不安は減少しますし、前向きに頑張ろうと思えるようになると思います。

支援機関のスタッフと相談しながら就職活動の方針を決める

就職活動が上手く行っていないという事は、何らかの原因がある事が多いです。

・自分でも気づかない内に面接でマイナス評価になる事をしている。

・希望する業種とのミスマッチ

・求めている条件が高すぎる

・クローズによる就職活動に拘っている

上記のような点が原因として挙げられる事があります。

もちろん、個々によって原因は多様です。

そして、その多様な原因を自分一人の自己分析で知るのは、なかなか難しいです。

そのため、模擬面接や応募書類の添削、希望条件の相談などを通して、原因を浮き彫りにして行く事が大切になります。

また、ハローワークや支援機関には、ネットの求人サイトでは掲載されていない、求人も沢山あると思うので、紹介を受けながら探してみても良いと思います。

企業と自分の間にワンクッションある方が採用率は上がる

人事は採用のプロ…と思うかもしれませんが、そのような事はありません。中小企業でしたら、人事以外の職種と兼務していることもあります。

また、大手企業でも学生や中途の採用担当者として経験豊富でも、障害者雇用をする経験は浅い人も多いです。

そのため、採用するにあたって相談できる相手がいた方が安心できるというのが人事の本音と言えます。

応募してきた障害者にハローワークや支援機関のスタッフがいてくれた方が、どのように配慮すれば良いか等の具体的な情報を事前に知ることができて、企業側も安心できるのです。

実際に、ネットの求人サイトなどに求人を掲載せずに、支援機関やハローワークにだけに求人を掲載する企業は、間に入ってくれるスタッフがいてくれた方が安心するから…といった理由だったりする時もあります。

逆に、ネットの障害者専用の求人サイトに掲載している企業などは、既に障害者雇用を積極的に進めているような企業だったり、自分達が対応できる障害を抱える人だけに絞っているような求人が多かったりします。

そのため、待遇が良い求人が多いですが、競争率が高かったり、応募条件が高い事も多いので注意が必要と言えます。

障害者の採用は年々積極的になっている

国が企業に求める障害者雇用の圧力は年々高まっているのと、少子高齢化によって採用が難しくなっている事を考慮して、早い内に法定雇用率を満たした障害者雇用をしたいと思っている企業は増えています。

また、身体障害者が求められやすい環境は継続していますが、一方で採用されやすい身体障害者の採用が進み、身体障害者だけに的を絞っては法定雇用率を満たす事が難しくなっているのも事実です。

そのため、知的障害や、採用されにくいとされていた精神障害者でも積極的に採用を始めている企業も見かけるようになっています。

したがって、障害を抱えているから…と諦めずに、支援機関や転職エージェント、そしてハローワークなども積極的に活用して内定を目指しましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする