障害者雇用でも同じ失敗を繰り返したら責められても仕方がないか

ec72557403f644f38ae628764a1584b5_s

会社は、障害者雇用として障害を抱える人を採用する場合は、障害者に配慮した職場作りをする必要があります。

そのため、障害が原因で仕事にミスが発生したり、情報の伝達が上手く行かないのでしたら、会社側は本人や支援機関のスタッフと相談しながら、出来る範囲で改善する必要があると言えます。

また、上司側も障害を考慮した上で、失敗を防ぎながら働けるように配慮する事が求められます。

障害者が優遇され過ぎていると思う人も出てきますが、給料面などでは一般雇用者と比べると劣る点、そして働く上で必要不可欠な点を考えると、優遇しているとは言い切れません。

しかし、障害者雇用として働いている人が注意しないといけないのは、失敗を防ぐための努力と改善の見込みを示せていないと解雇される可能性はある点になります。

スポンサーリンク

障害者雇用されても解雇される可能性はある

障害者雇用として採用されているか否かに関わらずに、本人に仕事上のミスの改善や求められる能力の向上をさせる気がなかったり、会社が客観的に見ても十分と思える教育や配慮をしても改善が見られないのでしたら、会社は合法的に解雇することは可能です。

詳しくは障害者雇用で入社した後に解雇される原因で述べていますが、「自分は障害者だから」と思って失敗を気にしていないと、解雇されるケースも少なからずあります。

会社が障害者雇用をする上で準備不足

法定雇用率を守るために仕方がなく雇用をしている会社も残念ながら存在します。

そのような、会社ですと障害者に対する理解が会社に浸透していないこともありますし、健常者と同じパフォーマンスを求めるようなケースもあります。

そのような職場で失敗を繰り返して改善できない…となると、それを障害者雇用で入社した方の責任とは言えません。

むしろ、準備を怠り、改善も進められない会社の責任と言えます。

ただ、障害者雇用として働いている人が反論しても会社は聞く耳を持たないケースが多いので、支援機関を利用して就職しているのでしたら、定期的な面談で相談をしてみると良いと思います。

そのような場がないのでしたら、ハローワークや就労を支援機関といった障害者の就職活動をサポートしてくれる機関で相談した上で、転職することを検討しても良いと思います。

無理に働き続けると、うつ病などの2次障害を引き起こして、より就職が難しくなるケースもあります。

また、知的障害を抱えている親御さんの場合は、子供の状態に悪い変化があるでしたら、会社や支援機関に相談してみることも大切です。

親が甘やかすのが悪い場合もありますが、一方で守らなければ危険なケースもあります。周りと相談しながら、対応を考える事が大切と言えます。

自分だけで悩まずに周りと相談しながら仕事を進める

障害がハンデかどうかと言われれば、仕事をする上ではハンデと言わざるを得ません。そのために、障害者雇用が一般雇用とは別にあるのです。

逆に言えば、障害者雇用として採用する場合は、会社は責任を持つ必要があります。具体的には、雇用した人が抱える障害に対して理解して、配慮された職場を作る義務があります。

ただ、両方がお互いに歩み寄らないと、なかなか障害を抱えながらの働き方に対して理解し合う事が難しいです。

もし、自分から相談するのが難しいのでしたら、前述したように定期的な面談などを利用するようにしましょう。

辛いと感じたら逃げ出すことも大切

障害者雇用に限りませんが、今の職場で働く事が辛いと感じたら、頑張り続けるのではなく、逃げ出す事も大切です。

障害者雇用をしている会社の中にもブラック企業は存在します。

そのような会社に入社してしまったら、働き続ける程に体を壊したり、精神的に追い詰められて2次障害を引き起こす可能性が上がります。

仕事のミスに関しては、しっかりと向き合う必要がありますし、自分に責任があるのでしたら改善は必要不可欠です。

ただ、そのためにも会社のサポートや理解が必要になるケースもあります。

自分一人ではどうにもならない点もあるので、必要に応じて転職も検討する選択肢も忘れないようにしましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする