健常者と同じように扱ってくる上司・同僚に悩んでいる人へ

障害を抱えながらでも健常者と同じように仕事を割り振ってくれることは嬉しく感じる人もいるかもしれませんが、障害の関係上難しい仕事内容だったり、仕事量まで健常者と同じだと辛く感じてしまう人も多いと思います。

ましてや、給料が一般雇用よりも低く、障害者雇用として配慮して貰う事が前提な場合は、健常者と変わらない扱だと、何のために障害者雇用として働いているのか分からないと言えます。

もし、健常者と同じように扱われて、不都合や不満を抱えているのでしたら、この記事が参考になればと思います。

スポンサーリンク

理解して貰う事を優先する

一番いいのは、選考の中の面接や体験実習を通して、あなたの障害について理解して貰って、仕事内容、出勤時間、コミュニケーション取り方などにどのように配慮して貰えばいいのかお互いにしっかりと話し合っておくことになります。

そうすれば、就職後に障害を悪化させかねないような健常者の一般雇用と同じ仕事内容や勤務時間を押し付けられることを回避しやすいと思います。

また、逆のことも起こることがあります。障害やあなたの能力のことを理解しきれていないことから、ほとんど仕事が割り振られないといったケースになります。

コンプライアンスがしっかりとしている企業程に、障害をデリケートに考えるので、仕事を沢山振って問題になるよりも、仕事を抑ええて問題が発生しないようにしようと考える可能性が高いのです。

これを防ぐにも、やはりお互いに事前に話しあえているかどうかが大切になります。

もちろん、就職後でも遅くないので、担当の上司や人事と自分の意見を持って話し合うようにしましょう。

難しいようでしたら、利用した就労移行支援事業所やハローワークの担当者に相談してみるのもよいと思います。

または、ジョブコーチの利用も検討してみてください。

専門のプロの人に間に入って貰った方が、お互いの意見の押し付け合いや、言葉足らずによる摩擦を防いでくれると思います。

話し合いは大切ですが、言葉不足により勘違いなども起こり得るので、感情のまま話し合うようなことは絶対に避けるようにすることが大切になります。

ブラック企業という可能性もある

残念ながらブラック企業に入社してしまったという可能性も十分あります。

ハローワークのトライアル雇用などを利用している企業の中には、助成金目当て採用して、後は碌な研修や配慮もせずに、一般雇用として雇っている社員と同じように仕事を割り振るような悪質な企業も存在ます。

そのような企業になるので、一般雇用として働いている労働者にとってもブラックな環境なので、非常に負担が重く、長期的に働き続けることができない職場と言えます。

また、トライアル雇用による採用ではなくても、障害についての理解が浅く、あまり積極的に歩み寄ってくれない企業も残念ながら存在します。

※トライアル雇用をしている企業全てがブラックと言う訳ではないですし、障害にしっかりと配慮してくれる企業もあるので、その点は勘違いしないでくださいね。

自分の上司だけ……といった環境なら、他の上司などに相談すれば解決できる可能性があるのですが、企業の体質が、ブラックだとどうしようもありません。

そんな企業でも、法定雇用率の達成のために、とりあえず求人を出しているので、自分で求人を探して応募するの場合は、慎重に選ぶようにしましょう。

もし、既にどうしようもないブラック企業に就職しているのでしたら、転職も考えましょう。

その場合は、障害者雇用に特化した転職エージェントだったり、就労移行支援事業所などを利用して、求人を紹介して貰う事をオススメします。

話し合いで解決できるのか見極める:まとめ

同僚や上司から配慮の無い仕事内容や仕事量で困っているのでしたら、まずは他の上司や同僚に相談した上で、解決を目指しましょう。その際は、感情的にならないようにしましょう。

自分から相談するのが難しいようでしたら、前述したように、利用した転職エージェントや就労移行支援事業所があるのでしたら、アフターフォローして貰えないか相談してみて下さい。

後は、ジョブコーチが利用できないか、ハローワークに相談するのも考えましょう。

⇒ジョブコーチを利用することで働きやすくなるのか

そもそも、話し合いなどできそうにないブラック企業なら転職せざるを得ません。

障害の有無に関わらずに、ブラック企業で働いていると体調を崩したり、精神面に支障をきたす結果になります。

障害者の方ですと、より障害を悪化させたり、2次障害の原因になるので、早期に逃げ出すことが重要になることもあります。

逃げることは、時に続けることよりも勇気のある決断になることもあります。

安易に転職した方がいいとは言いませんが、危険だと判断したら素早く逃げることも大切なことを忘れないようにしてください。

そして、最後は貴方の自信の決断と責任で行動するようにしましょう。働き続けるのも、転職する場合も、結果はは全てあなた自身で負う必要があります。だからこそ、後悔のない決断をするようにしましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする