成長企業に障害者雇用として就職するリスク

年々国が企業に求める障害者雇用の法定雇用率達成を求める要請は強くなっているので、目立ちやすい大企業は障害者の採用に少しずつ積極的になり始めています。

また、急成長しているような企業に関しても将来を見越して早い段階で、障害者の雇用を推し進めている傾向があります。

特に平成30年4月1日に施行の改正があるので、精神障害者の追加に伴い法定雇用率が引き上げられる可能性が高いともされているので、採用が少ない傾向がのある精神障害者の雇用も少しずつ上がっています(精神障害者の採用が義務と言う訳ではないので、身体障害者や知的障害者の方が採用率が高いのは変わらないままですが)。

スポンサーリンク

障害者に対する理解や配慮が足りない企業も増えている

急成長しているような企業ですと、企業を成長させることを最優先するために、社員の職場環境や待遇が疎かになりやすいです。

給料は高くても、働き方に関して社員を酷使している…何てことも珍しくありません。

これは、障害者雇用で採用される人にもあてはまってしまうケースもあります。

必要だから障害者雇用をしたが、障害者の働きやすい環境が不十分だったり、社員に対する障害者の理解が不足していることもあります。

実際に、一人一人の負担が重い企業に就職してしまい、毎日残業が当たり前の職場で働いている障害者の人もいらっしゃいます。

そのような職場で働いていると、抱えている障害にもよりますが、体調を悪化させて、働けなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

また、忙しさとは逆に、放って置かれることもあります。

要は、法定雇用率を達成する事ができれば良い…といったことから、障害者に割り振る仕事をあまり考えていないケースになります。

そのため、周りの社員が忙しく動き回っている中でも、手持ち無沙汰になるので、楽と言えば楽かもしれませんが、人によっては精神的に辛いかもしれません。

また、一般社員からの視線も痛いと言えるかもしれません。

事前実習のある職場で働く

支援機関や転職エージェントを利用すれば、選考内容に一定期間の実習が含まれていることも少なくありません。

その実習を通して、障害者側と企業側が『就職しても良い・採用しても良い』と判断し合うことができれば、ミスマッチを起こすリスクを最小限にすることができます。

また、実習を通して、もっと配慮して欲しい点なども進言することができます。

支援機関などのサポートもあるので求職者側である障害者も就職活動をしやすいといったメリットだけではなく、企業にとっても支援機関からのアドバイスが貰えるので、個人的な応募よりも安心できるといったメリットもあります。

そのため、個人で応募するよりも、支援機関や障害者専門の転職エージェント等を利用した方が採用される可能性も高かったりします。

ブラック企業の就職を防ぐ

健常者同様に障害者もブラック企業への入社を回避する努力が求めれます。

ブラック企業も最低限の体裁を取り繕うために、法定雇用率を達成しておこうするケースもあります。

そのような求人に間違って応募しないためにも、前述したように自分で応募して採用される事に拘ることなく、信頼できる支援機関や転職エージェントを利用しましょう。

採用が決まるまでに少し時間が掛かることもありますが、お互いにミスマッチが発生しないステップが整っていますし、就職後も支援機関やエージェントのスタッフ相談できる環境が整っている事が多いです。

特に急成長中の企業は、ブラックな環境でコストを減らして利益を増やしていることもあるので就職する際は注意が必要と言えます。

⇒障害者雇用をしている優良企業の求人を探す方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする