障害者雇用として働いているが怒られるのが怖い

障害者雇用として働いている人の中には、毎日勤務中に怒られて、自信を失ってしまっていたり、特定の人物が怖くなってしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

仕事をする上で失敗したり、指示に従わない働き方をしていれば、怒られるのは仕方がありませんし、全く改善されないのでしたら、本人に問題がある…判断される事もあります。

ただ、障害者雇用の場合は、障害を考慮した上の判断になります。

障害者雇用として雇った人に、同一の仕事を振り分けても、障害の種類、障害の重さによって効率は変わります。

また、仮に簡易な仕事でも、勤続年数による慣れによっても、効率は変わります。

この辺りを全く考慮されずに一方的に怒るような上司の下で働くとなると、非常に辛いと言えますし、働くのが怖くなるのも仕方がないと言えます。

また、上司ではなく、同じ障害者雇用の同僚から仕事の不出来について叱りつけてくるケースもあります。

同じ賃金なのに勤務時間内にしている仕事量が違う…と不満をぶつけてくれる人も残念ながら少なからずいらっしゃいます。

スポンサーリンク

周りに相談することから始める

同じ障害者雇用として働いている同僚などから毎日怒られているのでしたら、上司に相談してみると良いと思います。

逆に、障害に理解のない上司から怒られているのでしたら、更に上の上司や、採用時に担当となった人事の担当などに相談しましょう。

それができない場合は、障害者雇用の就職活動をして貰ったさいに、利用して就職支援機構や転職エージェント、ハローワークのスタッフに相談してみましょう。

就職時に利用した機関のアフターフォローは、それぞれ異なってきますが、相談に応じてくれることも少なくありませんし、就職後も定期的に面談をしてくれることもあるので、上手く利用するようにしましょう。

企業側も障害者雇用として働いている現場の環境に常にアンテナを張り続けることが難しかったり、障害について正確に理解できていない事も珍しくないので、必要に応じて自分から動く事も大切だと思いましょう。

障害があるから仕事ができなくて仕方がないと思わない

障害者雇用をする企業は、採用した障害者に合理的配慮をする必要があります。

配慮の線引きは難しいところですが、障害者が少しでも働きやすいように企業側は努める必要があると言って間違いではないと思います(具体的な内容は厚生労働者の指針を参考にしてください)。

しかし、それでも失敗や指示を無視してしまった障害者本人が怒られない大義名分になるわけではありません。

理不尽な怒りや障害に対する配慮を無視しているのでしたら話は別ですが、自分の失敗や落ち度に対する指摘を認めずに、単純に怒られる事を怖がって反省しなければ、働いて行くことはできません。

また、企業側は障害者雇用で採用した人でも、仕事ができるように最大限の教育や適性に合わせた部署変更などをすれば、解雇や雇い止めをされる可能性もあります。

解雇に関しては、ハードルが高いので簡単に実行されませんが、非正規の場合は契約を更新されない可能性は十分あると思った方が良いです。

そのため一度周りに相談するなどして、職場に問題があるの、自分に問題があるのか等を客観的に判断して貰うのが良いと思います。

ただ、障害の症状が悪化している、今の職場本当に辛いなら迅速に退職した方が良い場合もあります…が、その辺りは状況によって変わるので、あなたの判断次第としか言えない部分もあります。

もし、相談する相手がないのでしたら、前述した、転職エージェントや就職支援機構、ハローワークなどに相談してみると良いと思います。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする