一般社員と障害者の職場内の人間関係

7a8149115b77f126cf47cabc95f6a341_s

一般社員と障害者雇用で入社した人との人間関係の構築には時間が掛かる事が多いですし、ケースによっては障害を抱える人が馴染むことができずに、辞める結果に繋がることもあります。

また、逆に障害者雇用の担当となった人事の人が、「自分には無理」だと判断して、辞めてしまったり、休職してしまうケースもあります。

一般社員に問題があるケースもあれば、障害者側に問題があるケースもありますし、両方に責任がある、または責任云々の話ではないケースもあります。

そもそも、人間関係のトラブルに関しては、障害者雇用関係なく、どのような職場でも発生する問題でもあります。

その結果としては、結局馴染めずに辞めて行く人は少なくないですし、障害者雇用・一般雇用の労働者関係なく、仕事辞める理由の原因にもなりやすいです。

そのような中で、障害者がどのようにすれば馴染めるかかは、会社としても、そして一般社員、障害者共に頭を悩ませる点と言えます。

スポンサーリンク

職場からの配慮や特別扱いは受け入れるべきか

障害を抱えながら働いている人に、どのように接して欲しいのか聞いてみると、「気を使わずに接して欲しい」と述べる人は多いです。

気を使われる事で、影で面倒な人材だと思われたりしていないかと考えたり、自分が迷惑になっているのではと感じるがは多いのかもしれません。

ただし、一般社員側としても、「気を使わないでほしい」、「他の社員と同じように接して欲しい」と言われても、やはり簡単には行かないと言えます。

会社側も法定雇用率を確保するために、せっかく障害者雇用として採用した人に辞めて欲しくありませんし、そのために職場内で障害者に対する理解・配慮を事前に研修として行っているケースもあります。

その事を考えると、最初から他の社員同様に接するのは難しいと言えます。

また、抱える障害問わずに、ある程度の配慮は必要不可欠なのは、事実なので障害者側も、ある程度気を使って貰ったり、仕事をする上で配慮して貰う等の特別扱いに対しては受け入れる必要がありますし、受け入れないと仕事ができないケースも多いです。

障害者が職場に馴染むには

前述したように障害を抱えていると職場内で配慮されるのは、仕方がない側面があります。

そもそも、会社は障害者雇用で採用した人に対しては、障害に対して配慮することが前提条件となっています。

そのような職場環境内で障害者が馴染むには、やはり障害者自身にも努力は必要になります。

人間関係の構築に無理をしろとは言いませんが、出来る仕事に対しては全力で挑む必要がありますし、社会人として必要なマナーや話し方(筆談)も当然必要になります。

コミュニケーションを取る上でも、障害によっては配慮して貰う必要があります。

その配慮して貰っている中で他の社員同様に指示をして貰ったり、接して貰えるように勤務する事が大切になります。

また、人間関係は一方通行ではないので、自分から出来る仕事を増やしたり、相談して職場で馴染めるように努力してください。

これは、人間関係の構築や職場内で馴染む努力は、障害者と健常者との関係だけではなく、健常者同士の一般社員でも当たり前のように求められます。

結局自分から職場で馴染めるように努力をしないと、最終的には居場所は失われます。

どれだけ、障害に配慮をされても、コミュニケーションを前向きにして行かないと、職場には馴染めない可能性が高いと思ってください(もちろん、仕事に対する姿勢も含みますよ)。

後は、障害者雇用として働く上で忘れてはいけないのが、自分を支えてくれる人達への感謝です。

障害者雇用で採用されているし、給料も低いのだから、配慮して貰って当たり前……という態度は絶対にやめましょう。

仕事を手伝って貰ったり、配慮してい貰えたりしたら、しっかりと感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

仕事をする上で障害者雇用・一般雇用関わらず助け合うものですが、当然だとは絶対に思っていけませんし、態度に出したりしたら、嫌われる原因になります。

自分では解決できない悩みも存在する

人は第一印象で、関わり方を決める傾向が強いです。

発達障害の一部の人や知的障害を抱える人の場合ですと、やはり少し話したら、「他とは違う人」と判断して極力関わらないように距離を置く人は残念ながらいらっしゃいます。

また、身体障害の場合でも、一見すると障害や難病を抱えているように見えないと、障害の重さを判断できずに、病院の通院や残業の免除などを羨む人もいらっしゃいます。

その分給料などは、低いのに思うかもしれませんが、そこまで理解していない社員もいらっしゃいますし、理解してもいても「ズルい」と感じてしまう人もいらっしゃいます。

ただ、そのような人達全員の誤解を解いて仲良くなることは非常に難しいです。

障害の有無に関わらずに、性格や働き方といった面だけでも相いれることができない人は必ずいらっしゃいます。

そのため、職場の全員が障害に配慮してくれて、それでいて普通に話せる…そのような夢想は余りしない方が良いですし、現実的ではありません。

どうしても、人間関係が上手く構築できないのでしたら、障害の有無関わらずに、自分には合わないと決めた方がよいケースもあると判断することをオススメします。

何度も言うよう人間関係のトラブルは、障害を抱えてない者同士ても、いくらでも起こりうるのです。

そのため、誰にも嫌われず、良好な人間関係を構築したい!という気持ちで働いてしまうと、非常にストレスになりますし、ちょっとしたことで不安に襲われるようになります。

性格が合わなかったり、何もしていないのに嫌われてしまった場合は、できる限り関わらない選択をすることも大切なことを覚えておいてください。

障害に理解のある職場とは

法定雇用率を達成するために、今まで障害者を雇用していない会社になると、障害者を受けいれる環境が整っていない事が多く、障害者だけではなく、現場の社員も戸惑ってギクシャクするケースも残念ながらあります。

その中で、少しずつ仕事・職場に馴染むのも大切なことですが、一方で精神障害や知的障害を抱えている人や、物理的に配慮して貰わないと仕事ができなかったり、命の危険もある身体障害や難病を抱えている人もいらっしゃると思います。

もし、始めからある程度の理解や配慮を期待できる職場で働きたいのでしたら、支援機関に相談して、自分の抱える障害者を採用して、長期的に働けている会社を紹介して貰ったり、障害者の配慮を優先した子会社である特例子会社などを紹介して貰ってはどうでしょうか?

特例子会社は障害者の人数も多いので、障害者者同士の人間関係も構築しやすいですし、バリアフリー化もされています。

詳しくは特例子会社は障害者にとって働きやすいのかで述べているので参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする