障害者の仲間を作りやすい職場はあるのか

あなたがどのような障害を抱えているかは分かりませんが、障害者雇用として働く上で気になるのは、職場内の人間関係…やはり仲間として一緒に働けるかどうかだと思います。

法定雇用率のためだけに採用されただけで、職場内で放置されてしまったり、一人で雑務などをするしかない…というのは、精神的に少し辛いと感じてしまう人はいらっしゃると思います。

給料や勤務時間、障害の悪化…障害者雇用として働く労働者が離職する理由は色々ですが、職場内の仲間の一員として働ける意識が持って働けるかどうかも、離職率に影響を与えています。

そのため、もしあなたが職場内の人間関係などを気にしているので、それは決して悪い事と言う訳ではありません。

スポンサーリンク

自分以外の障害者が働いているか確認してみる

障害者雇用の就職先を探す際に、気になった求人を掲載している企業の障害者雇用の実績、そして現在働いている障害者の数を教えて貰うと良いと思います。

定着率が良く、働いている人が自分以外にも何人かいるのでしたら、障害者雇用として働く上での悩みや不安、疑問などを同じ視点から相談し合える仲間を作れる可能性が高まります。

また、定着率が良いのでしたら、職場全体が障害者に対しての理解が深い、または積極的に理解しようとする姿勢があり、働きやすい事が多いです。

逆に障害者雇用の実績が全く無い、あっても離職率が高く定着していないのでしたら、『法定雇用率を満たすことができれば良い』としか考えていない職場の可能性少なからずあります。

もちろん、実績が無くても、1から障害者が働きやすい職場を作っていく姿勢で障害者雇用を始めている企業もありますが、どう転ぶか分からないといったリスクもあるので注意は必要です。

中小企業と大手企業ならどちらが良いのか

基本的には大手企業の方が働きやすい傾向はあると思います。大手企業程に社員数も多くなるので、法定雇用率で決められた障害者雇用の人数も増えます。

そのため、障害者雇用同士の仲間も作りやすいと言えます。

一方で中小企業ですと、障害者雇用で採用する人数は減るので、やはり同じ職場で他の障害者と仲間として一緒に働ける可能性は下がると言えます。

もちろん、これは必ず…というわけではありません。あくまでも可能性の範囲内になります。

中小企業でも、障害者雇用で雇った労働者を同じチームにして、サポートを充実させるような体勢を整えている企業もあると思います。

また、大手でも障害者雇用に消極的で、あまり採用が進んでいない可能性もあります。

ただ、それらを調査するのはすこし難しいと言えるかもしれません。

⇒障害者は大手企業と中小企業のどちらが働きやすいのか

特定子会社で働く事も考える

特例子会社とは、大手のグループ会社などが親会社となって設立している事が多い、障害者雇用として働く人たちのための会社となります。

もちろん、健常者の社員も管理者として働いていますが、基本的には障害者雇用として働く人たちに割り当てられる仕事が特例子会社に集約され、効率化されています。

そのため、多くの障害者が働いていますし、障害者の方が働きやすいようにバリアフリー化などがされている事も多いです。

仲間も作りやすいですし、マニュアルなども整備されている傾向があるので、働きやすい企業が多いです。

詳しい仕組みなどは、特例子会社は障害者にとって働きやすいのかで詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

注意点としては、特例子会社の求人は競争率が上がりやすいです。

そのため、選考の対策などを入念にしないと、なかなか採用されない事も珍しくありません。

特例子会社に固執し過ぎると就職活動が長引いてしまいリスクも覚悟した方が良いかもしれません。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする