無職から抜け出したい発達障害の人へ

発達障害と一言でいっても、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如多動性障害、学習障害などあり、症状の重さも人によって違います。

軽度でしたら、大人になるまで自分が発達障害だと気づかない人もいらっしゃいますし、働く中で気づく人もいらっしゃる程です。

ただ、今この記事を読んでいる人の場合は、発達障害である事を自覚、障害が理由で、なかなか就職先が見つからずに悩んでいる人になると思います。

スポンサーリンク

発達障害は就職しにくいのか

発達障害は、人によって能力にばらつきがあり凸凹が大きい事から、企業側がどのような仕事を頼めば良いのか悩む点がまず企業が躊躇ってしまう点と言えます。

知的な遅れがあるかどうか、職場環境次第で集中力が大幅に違う、指示の出し方の細かい違いによるパフォーマンスの変化などで企業にとっても対応の仕方が違ってきます。

発達障害者本人が、自分の特性を理解していて、どのような配慮をして貰えれば働けるか理解しているのでしたら、就職の成功率も高くなる可能性はありますが、なかなか自分自身を理解するというのも難しいのが悩みと言えます。

後は、コミュニケーション能力の差も大きいかもしれません。発達障害者の中には、コミュニケーション能力が上手くとれず、無自覚に相手を傷つけてしまったり、怒らせたりしてしまうケースもあります。

仕事をする上でコミュニケーションは避けて通れない点になるので、企業側としては、上手く付き合っているけように、やはり発達障害者の特性を見極めて会話する必要がでてきます。

これらの、努力を出来る企業でしたら、発達障害者が集中して働ける空間を提供して、企業の業務効率を上げる事が出来る可能性があります。

ただ、なかなかそのような余裕が無い企業が多かったり、始めから敬遠してしまう企業が多いのが実状と言えます。

無職の発達障害者が就職するには

自分自身を理解することが一番大切になると言えます。この点をクリアできないと、仮に就職できても、就職先でミスマッチを起こして、お互いに誤解によるトラブルを発生させたりして、離職の原因になることもあります。

そのため、企業側が安心して採用し、適切な配慮をあなたにできるように、自分自身を理解する事が大切と言えるかもしれません。

ただ、前述した要に、自分自身の得意不得意を把握したり、自分が集中できる環境だったり、コミュニケーションに問題があるかどうかを自分から判断するのは非常に難しいです。

これは、発達障害者だからではなく、健常者でも同様です。だからこそ、就職活動する場合は、誰でも自己分析が大切になります。

しかし、障害があると、より自分で判断しにくくなります。

そのため、オススメの方法としては、やはりプロに相談することになります。

具体的には、就労移行支援事業所といった障害者の就職活動をサポートしてくれる機関になります。

支援機関のメリットとデメリット

支援機関のメリットに関しては就労移行支援事業所が提供する就職支援とはで詳しく述べていますが、簡単に言えば就職までの職業訓練、コミュニケーション能力の向上、応募書類の書き方、資格の勉強といったサポートプログラムを提供してくれる機関になります。

その上で、障害者雇用を積極的にしている信用できる企業の求人を斡旋してくれます。絶対に就職できる保証はありませんが、自分で就職活動するよりも就職の可能性を上げてくれると思います。

また、プロの視線から、あなたの事を客観的に見て、適切なアドバイスをしてくれると思います。

また、企業からしても支援機関が間に入っている方が、相互に理解し合いやすいので、ミスマッチを押さられるといったメリットがあります。そのため、企業も安心して障害者を採用しやすと言えるかもしれません。

後は、就職後も相談できる事が多いので、就職後のトラブルを相談できる貴重な相手となってくれる可能性もあります。

デメリットとしては、あなたの今の環境次第では費用が掛かる可能性がある点です。後は、通学する必要があるので、近場に支援機関があるかどうかも問題と言えるかもしれません。

そのため、気軽に利用できるサービスではないのが難点と言えるかもしれません。

しかし、本気で今の無職の状態から抜け出して、働きたいと思っているのでしたら、近場に支援機関がないか探して利用を検討してみてもよいと思います。

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする