障害者雇用で働いているが休職するのが怖い

うつ病といった精神障害が悪化したり、身体障害者でも症状が悪化して通院の回数が増えたり、薬の副作用が重くなったりすることで、仕事のミスが増えたり、勤務時間が減ってしまったことに焦りを覚えてしまっている人もいらっしゃると思います。

しかし、それで更に無理をすると、症状が悪化したり、二次障害を引き起こす事に繋がることもあります。

そして、そのような無理をしている様子とミスの増加は企業側の上司なども知られてしまいます。

結果的に、「休職してはどうか」と「無理をせずに休んではどうか」、またはもっと簡単で負担が軽い仕事を提案される可能性もあるかもしれません。

個人的な意見を言えば、やはり私も無理せずに休むことも大切だと思います。一度体調を回復した上で復職するのがベストと言えます。どうしても、働きながら症状を緩和して、体調を戻すことは難しいからです。

ただ…実際に働いていると、なかなか冷静になれない気持ちも分かります。

スポンサーリンク

休職=退職するように勧めているのではないか?

仕事のミスなどが続いたり、障害が理由で勤務時間が短くなり焦っている状況で、休職を進められると、「邪魔だと思われるているのではないか?」、「休職させて、そのまま辞めさせられるのではないか?」、「遠回しに辞めろと言っているのではないか?」と疑ってしまいたくなる気持ちも分かると思います。

確かに企業によっては、「辞めて欲しい」と思っている企業もあるかもしれません。これに関しては、あなたと企業の関係になるので、私からでは何も言えません。

しかし、逆に会社にとって必要不可欠だからこそ、体調を崩したり、障害を悪化させないように、しっかりと休んだ上で戻ってきて欲しいという気持ちから、休職を提案している可能性もあります。

どちらかなのかは、一度冷静になって、担当の上司と話し合ってみたり、あなたが任せられている仕事の重要性などを考えた上で判断してみてはいかがでしょうか?

実際に話し合わないと、お互いにどのような気持ちでいるのか分かりません。

なお、私個人の意見になりますが、今まで何の問題なく働く事ができ、大切な仕事を任せられていたのでしたら、会社側は簡単に手のひらを返して、退職推奨のような休職提案はしないと思います。

純粋な善意や配慮から、休職を提案している可能性が高いと思います。

ただ、何度も言うように、話し合わないと判明しない点でもあります。もし、自分からでは難しいのでしたら、就職時に利用した支援機関のアフターサービスなどを利用して、間に入って貰うのもよいと思います。

辞めさせたがっているケースも少なからずある

障害者雇用をしている企業の全てが、本当に障害者に優しい企業とは思いません。

会社にとっても、障害者雇用として働いている労働者にとっても相互に必要不可欠な存在であっても、勘違いから揉めるケースもあります。一方で会社側がブラックで、障害に配慮しなかったり、それが原因で仕事のミスや障害の悪化したら辞めさせようとするブラック企業もあると思います(もちろん、障害者側に問題があるケースもありますが)。

私個人の意見としては、ブラック企業だと判明したら、早めに転職すべきだと思います。

ただ、障害者雇用ですぐに転職先が見つかるのか、もっと生活を考えると難しい…と言う人もいらっしゃると思います。そのような方に無理をするなと言うのも無責任だとも実感しています。

しかし、そうなると労基だったり、障害者のためのユニオンなどに相談する必要が出てくると思います。

後は、前述したように、支援機関などを利用して、本当にスムーズに転職できないのか確認するのもよいと思います。

無理に企業にしがみつくのではなく、相談できる支援機関などを利用してみるとよいと思います。多少金銭的な負担も発生することもありますが、ネットなどで調べればそれ程時間かかることなく探す事が出来ると思うので、利用方法などを見た上で利用するか検討してみるとよいかもしれません。

※ここまでの内容はあくまでも私の個人的な意見であり、私は専門家でもありません。そのため、参考の一つとして、あなた自身の責任で参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする