健常者から障害があるから不幸だと思われる

健常者が障害者を見る際に、「障害があるから自分よりも不幸なんだろうな」と思うケースがあります。

実際に、障害者の方の中にも、自分を不幸だと決めつけている健常者の視線を感じたことがあると思います。

確かに自分を不幸だと感じている障害者の人もいらっしゃいます。ただし、それを言ったら健常者の中にも不幸だと思っている人はいます。

ただし、客観的に障害者だと分かる人を見ることで、人生という背景などは見ずに不幸だと決めつけて、自分を慰めようとするのです。

もし、そのような視線を感じたのでしたら、その健常者の人は比較しないと不幸な境遇を緩和できない人なのだと思うか、あまり気にしなくてもいいと思います。

もちろん、本当に憐れんでいるケースもあるかもしれませんが、あなたが今不幸と感じていなくて、幸せと感じているのでしたら、話す中で相手も考えをすぐに改めて来ると思います。

逆にすれ違った際の視線程度でしたら、気にしないようにした方がいいと思います。

障害を抱えると確かに健常者よりも自由は制限されます。しかし、それが不幸であることに結びつく訳ではありません。

このことを頭からすっぽりと抜け落ちてしまっている人や気づけていない人は、やっぱり多いのです。

周りがどう思うかよりも、あなたにとって今幸せなのか不幸なのかが一番大切なのです。

スポンサーリンク

自分の境遇を不幸だと思ってしまう時がある人へ

障害が個性だと述べる人もいますが、責められること覚悟で言えば、私は障害を個性だとは思っていません。

そんなものは、健常者側が障害者を社会に受け入れようと呼びかける際の綺麗ごとだと思ってしまっています。

全員とはいいません。しかし、大半の人は先天性にしろ、後天性にしろ障害を抱えたくなかったと思っていると思います。

例え、障害があることで人生が不幸になるわけではないことが分かっていても、やはり障害を抱えてしまったこと自体は不幸だと思ってしまう事も何度もあると思います。

その気持ちは、障害が深刻な程に大きいと思います。

体を上手く動かせない。人よりも記憶力が悪い。機器のサポートがないと生命活動が危険になる。

障害の種類は様々ですが、これを個性というのはどうなんだろうと私は思います。

しかし、人は平等ではありません。障害の有無もありますが、家庭環境、美醜、社会的地位、生まれた場所……どうにもならないことなど沢山あります。

けど、それを受けいれるしかないのが現実です。

障害を抱えていると、健常者ができることをできない事もあると思います。しかし、出来ることもあると思います。

できない事ばかり考えるのではなく、自分にできることを考えてください。

そして、自分がやりたいことを探しましょう。障害あるからといって結婚できないわけでもありませんし、人との繋がりが作れない訳でもありません。

障害者雇用として働いている人、アスリート活動している人、体が上手く動かせなくても社長として活動している人……自分が不幸だと全く思わずに人生を歩んでいる障害者の人も沢山います。

その人達のほとんどは、自分が出来る事の中から、やりたいことに積極的です。

これは、健常者や障害者という枠組みでの話ではありませんが、周りと比較して自分を不幸にすることは止めましょう。

前述しましたが、あなたにとっての幸せをしっかりと考えてみてはどうでしょうか?

健常者の障害者に対する理解の浅さ

障害者の社会進出が少しずつですが、進み始めていますが、それでも大半の健常者の人達にとっては、障害者と関わることは少ないです。

町で車いすや杖を突いている人とすれ違っても、あまり意識していないことがほとんどです。

実際は、障害を抱えている人達と沢山すれ違ったりしていも、気づけていないのです。

そのため、健常者の中には、障害者に対する偏見を抱えているケースもあります。

例えば、障害を抱えて大変な思いをしているから、とても優しい人が多い。または、逆に障害を抱えていることから、周りが気を遣って手伝ったり、助けるのが当たり前だと思っている人が多い。

他にも、精神障害者の場合などは、何をしですか分からない……などです。

そんなわけありません。障害者も健常者も同じ人です。優しい人もいれば、怖い人や嫌な人もいます。障害を抱えている人を一括りにできるわけないのです。

しかし、そのような偏見を持っている人もいます。

だからこそ、しっかりとそんな偏見という色眼鏡など意味が無いことを知ってもらうために、人と話すときはあなた自身を理解して貰い、障害の有無だけが違うことを知って貰いましょう。

そうすれば、周りからの視線やどう思われているか……と言う事に対しても全くという訳にはいきませんが、負担は軽減すると思いますよ。

こちから、話さずとも理解して欲しいと思う気持ちもあるからもしれませんが、健常者・障害者関わらず、相手の気持ちをコミュケーションを通さずに意思疎通することは非常に難しいです。ましてや、初対面なら無理と言えます。

そのため、誰かと関わり合う時は、自分が努力しなくても、相手が自分を一方的に理解してくれることに期待するのではなく、お互いに自分のことを理解し合えるように努力できる関係を構築できる努めることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする