会社で障害を個性として認めて貰えるれるのか

7c4cbcf5eced4c154d25906637d4e4f7_s

「障害=個性」と謳う人は多いです。

実際に日本の社会でも、少しずつですが障害者を抱える人を少しでも過ごしやすい環境を作れるように整い始めています(それでも、まだまだ差別は受けやすいですが)。

ただし、会社で仕事をする事を考えると、「個性」だからといって受け入れられるかといわれると、残念ながらそのような事はありません。

会社が求める事は、どれだけ社会貢献といった言葉を掲げても、会社の利益を上げるといった至上命題が前提となります。

公共施設や機関は別ですが、民間企業の場合は、利益を上げることがなけば、会社を存続させる事はできません。

そのため、少しでも良い人材を確保したいというのが会社の本音と言えます。

その点を考えると、障害をどれだけ個性と謳っていても、一部の例外を除けば(芸術方面の仕事など)、やはり個性というよりも、能力を制限するハンデと考えてしまうのは仕方無いと言えます。

そして、ハンデではないのでしたら、そもそも障害者雇用といった仕組み事態が不要となります。

スポンサーリンク

日本は人と違う個性に関して排他的

障害を個性と定義しても、そもそも日本は人と違う個性に対しては非常に排他的です。

少し昔から個性が大切といった言葉が広まりましたが、実際は「自分が受け入れられる個性」であって、自分の価値観に合わない個性に対しては関わらないようにしたり、疎外させる傾向が強いです。

障害者雇用が制度化されていて、法律で法定雇用率を満たすように障害者を雇用するように促しても、罰則金を払った方がいいと判断して取り組まない企業も多いです。

また、障害者雇用の割合を見ると、身体介護が一番採用されており、続いて、知的障害者、そして精神障害者となっています。

やはり、身体障害者の方が健常者と同じようにデスクワードなどができることから、企業からしたら採用しやすいのです。

こういった健常者どころか、障害者同士ても対応の差を感じらえることを考えると、個性という一言で済ます方が問題と言えます。

だからこそ、国側も法定雇用率を上げたり、法定雇用率を達成できない場合の企業名の公開といった対応をして、なんとか障害者雇用の促進を進めているのです。

仕事に対して過剰な反応をする日本人

日本人は周りと違った行動や考え方をする人を嫌う傾向があります。

日常生活の場でしたら、一度会ったら再度会う頻度を減らしたりすることできますが、職場内となると、そのような事はできません。

具体的には、残業の有無、有給休暇の使用の有無などが顕著です。

「自分の仕事が終わり、就業時間が過ぎているのに、周りの仕事をサポートせずに帰る人は社会人として失格」

「皆が働いているのに有給休暇を取るなんて…」

このような会社が多い中で、障害者を健常者と同じように雇う事なんて難しいですし、障害者雇用ですらハードルは高いです。

特に一般社員は、障害者雇用は一般雇用よりも給料が安いと知らなかったりしますし、障害によっては見た目から障害者と分からないケースもあります。

そのため、企業が障害者を採用する場合は、一般雇用として働いている今の社員に周知して、理解して貰う必要が出てきます。

その上で、障害者雇用として採用した人に職場全体で配慮する形を取る必要があります。

しかし、なかなかその余裕がない会社も多いのが実状です。

また、職場に周知・理解して貰うように企業側が取り組んでも、それでもトラブルが起こったり、どちらかが、または両方が不満を抱くような職場環境になることもあります。

大手のように福利厚生が充実していて、一般雇用でも健常者でも働きやすい職場環境を作る取り組みをしている場合は、全体的に余裕がある傾向もあります。

しかし、中小企業単位でみると、障害者雇用を取り組んで見たはいいが、そもそも社員に余裕がないことから、障害者雇用で採用した人の配慮が難しかったり、自分達よりも早く帰宅したりすることに、どうしても不満を感じることにあることもあります。

そして、障害者を受けいれられる環境が整っていないと、簡単に障害者の居場所は失われます。

更に言えば、障害者の有無関わらずに、周りと違った考え方を持っているだけで、会社からはじき出されることもあります。

障害が個性かどうか関わらずに、そもそも個性に対して受け入れる許容度が低いのが、日本の会社の職場と言えます。

少しずつ進む障害者を積極的に受け入れる会社

ここまで障害を抱えるていると働く事が難しいと述べてきましたが、一方で少しずつですが障害者雇用が増えるているのも事実です。

最近は、精神障害を抱えている人の採用が増えていますし、身体障害者、知的障害者の採用も上がることなく穏やかにですが増えています。

前述もしましたが、法定雇用率を下回った障害者雇用をしていると、納付金だけではなく、社名の公開といったペナルティーがある事、そして着実に障害に対する法整備が整っている点が障害者の採用が増え、就業率が上がっている理由と言えます。

こう見ると、障害を単なる個性として判断されるよりも、障害として向き合って貰った上でサポートして貰った方が、障害者にとって生きやすい社会になって行くと言えるかもしれません。

この辺りは考え方は健常者と障害者によっても考え方は違いますし、障害者の中、健常者の中でも更に考え方は異なって行きます。

ただし、一つ共通しているのは、人と違っていて、多少の不便な点やハンディーが発生しても、社会で環境を少しずつでも整備されていく事を願う点と言えるかもしれません。

障害を抱えているいると、やはり健常者と同じような環境で生きて行く上で、不便なことが発生していきます。

特に仕事という、利益を追い求める環境では尚更です。

だからこそ、支援を受けられるのでしたら、周りの目などを気にせずに、受けるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする