障害を抱えながらの就職活動に心が折れそうな方へ

身体障害者の人、知的障害者の人、精神障害者の人、発達障害者の人、もしかしたら障害を抱える子供を持つ親御さんが、この記事を見ているかも知れません。

2018年の4月から法定雇用率が上がることもあり、障害者の人が就職活動をする事を考えるなら、チャンスの時期とも言えるかもしれません。

⇒法定雇用率が引き上げられることで障害者は採用されやすくなるのか

しかし、求人数が増えるからといって、楽になるという訳ではないのも事実です。

実際に、既に就職活動を始めていて、不採用の連続を受け、心が折れそうになっている人もいらっしゃると思います。

この記事では、障害者雇用の就職活動の方法や心構えについていくつか説明して行きたいと思います。なお、障害に対する個別の詳しい記事に関しては、この記事のカテゴリーから探すことができるので、興味がありましたら確認して頂ければと思います。

スポンサーリンク

働きたくても働けないストレス

働きたくても働けない期間というのは、健常者でも、障害者にとっても多大なストレスになります。

特に真面目に就職活動をしている程に、不採用の知らせは非常に辛く感じると思います。精神障害を抱えていると、周りから気づかわれて、「無理に働こうとすると障害が悪化する」と言われることもあります。しかし、働きたいのに、働けいないというのは、それはそれで精神障害を悪化させることもあります。

もし、働きたいと思っているのでしたら、やはり就職活動をして働くべきだと私は思っています。

その上で、どのような障害を抱えているか関わらず、働き続けることができるかどうか、就職先、支援機関、家族などとも相談しながら様子を見て行くのが本人にとっても後悔が少ない選択になると思います(私の私見になりますが)。

実際に体験をしてみなと分からない事の方が多いからです。

しかし、そもそも就職できないと障害を抱えながら働き続けられるかどうかも分からないのは事実です。

それでは、どうすれば障害者雇用としての採用率を上げることができるのかについて述べて行きたいと思います。

企業側の立場に立つことも大事

最初に知って置いて欲しいは、障害者雇用に慣れている企業は大手も含めて少ないことです。

そのため、手探りで障害者が働きやすい環境を整えながら雇用をしている事の方が多いのです。

そのため、障害者自身が面接時に自分の障害についてしっかりと理解していて、どのような配慮をして貰えばいいのか、どのような仕事ができるのか知って置く必要があると言えます。

⇒障害者の就職活動:履歴書・面接で嘘を伝えない

また、採用率を上げるなら、支援機関などを利用するのも大切です。就職・転職市場の中では、やはり応募者側が嘘をついたり、過剰に脚色した自己PRをすることもあります。これは、障害者、健常者関係ありません。

また、先ほど述べた障害者自身が障害の事を知っているかどうかという点にも不安な点があり、面接ではっきりと述べられても「本当なのか?」という疑念を払拭することは難しいです。

健常者の過剰な自己PRの嘘を見抜くは、長年面接をしてきた人事なら見破ることができるかもしれませんが、障害を抱えながらできる仕事や配慮に関しての嘘などは見破る自信を持っている人は非常に少ないと思います。

そのため、人事側としては、支援機関などを通して貰って、第三者から正確な情報、そして支援機関から「働く事が出来る準備が整っている」というお墨付きを貰っている人の方が安心して採用する事が出来るのです。

もちろん、支援機関を通しているからといって絶対に就職できる訳ではありませんが、相談できる相手、就職のフォロー、就職後のアフターフォローとメリットも非常に大きいです。

また、支援機関ではなく障害者の求人に特化した転職エージェントのサービスもあります。こちらに関しては、支援機関程の充実したサポートではありませんが、支援機関よりも気軽に利用する事が出来ると思いますし、費用の負担もない事が多いので興味がありましたらら登録してみるのもよいと思います。

⇒就労移行支援事業所が提供する就職支援とは

もちろん、ハローワークを利用するのもよいと思いますが、スタッフの当たり外れも大きいので注意するとよいと思います。

どちらにしても、ネットなどから間に何も挟まずに応募するとなると、不安要素が低い障害であり、健常者と同じように働ける人を対象にした求人が多くなるので、待遇が良い変りに、なかなか採用を勝ち取ることができないことも珍しくないことも覚悟した方が良いと思います。

特に大手で待遇も良いとなると、競争率も非常に高いと思いましょう。

資格やスキルを身に着けて就職活動すれば採用されるか

資格やスキル次第では採用される可能性は上がると思います。それだけ就職に対する意欲があり、集中できると評価される可能性があるからです。

ただ、時間が掛かる事と、資格が取得できないといった危険性もある点を覚悟すべきです。仮に失敗すると就職に対する意欲も落ちて行くこともありますし、やはり取得したからといって確実に採用されるわけではありません。

そのため、支援機関のスタッフなどと相談して、メリットになるかどうか話し合ったり、必要に応じて支援機関のプログラムを通して取得できないかも考えても良いかもしれません。

もちろん、独学で挑むことも良いと思います。ただし、就職するという目標を最優先にすべきなので、就職活動はやはり並行する事をオススメします。

就労継続支援事業A型B型作業所で働く

一般企業ではなく、就労継続支援事業A型B型作業所といった作業所で働くことも考えてみると良いかもしれません。

詳しくは就労継続支援事業A型とB型の違いで述べていますが、簡単に言えば障害者のための職業訓練施設と言えます。

ただ、賃金を貰う事は出来ます。A型でしたら最低賃金の保障があり、B型の場合は最低賃金を下回りますが、柔軟にシフトを組める事が多いです。

ここで、しっかりと真面目に働き続けて実績を作った上で、改めて就職活動するのも一つの手段です。

特にA型は一般就労を向けての仕事になるので、検討してみても良いと思います。

心が折れそうになった際の立ち直し方も学ぶ

就職がゴールではなくスタートになります。そして、就職すれば、その後は障害と付き合いながら働く事になります。

そうなると、やはり疲労やストレスは溜まります。そうなると、自分から障害による影響で休みや遅刻を知らせる必要もでてきますし、主治医と相談などをして、薬の調整などもする必要があります。

そのため、自己管理も非常に重要となってきます。もちろん、周りのサポートにも頼るべきですが、自分なりに心を立ち直らせる方法も考える必要が出てきます。

趣味を探して見たり、相談して安心感を得たりと人によってそれぞれなので、就職活動の中でも意識してみると良いかもしれません。

諦めるなとは言いません。ただ、後悔のないようにしましょう。後は、モチベーションの問題もありますが、やはり無理をし過ぎず、自分の体調にもしっかりと気を配ってくださいね。

無理をして体調を壊したり、障害を悪化させれば働けなくなる可能性もしっかりと忘れないようにしましょう。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする