障害者雇用は契約社員が前提になるのか

障害者雇用の求人を探してみると、そのほとんどの求人が契約社員の雇用であることに気づくと思います。

おそらく、正社員として最初から雇用してくれる求人を探すのは非常に難しく、あったとしても応募条件のハードルが高い事が多いです。

契約社員ばかりの求人が多い事を知ると、いざとなったら契約更新をせずに切るためなのか…と思う人もいらっしゃると思います。

残念ながらそのような事を考えている企業は多いです。

ただ、企業側にとっても仕方がない面もあります。

正社員として一度雇ってしまうと企業は簡単に解雇することができません。

正社員の立場は、法律でしっかりと守られているので、能力が足りない、休みがち…といった理由では、簡単に解雇することができず、それなりに手順を踏む必要がでてきます。

そして、残念ながら障害者の離職率は高いです。

契約社員は有期雇用で、本来は契約期間が満了するまでお互いに契約を一方的に破ることはできませんが、労働者の中には契約期間中でも辞めてしまう事は珍しくありません(症状の悪化などを理由にされると認めざるを得ないことも多いですし、問題を大きくしたくないといった理由が大きいかもしれません)。

また、最初は仕事が順調でも、ストレスなどで能率が落ちたり、休みがちになって、正社員に求める水準に達しなくなることもあります。

上記のようなリスクを抑えるために、最初は契約社員として採用する企業がほとんどと言えます。

もちろん、企業の業績が悪くなったら、契約の更新を打ち切る…といった打算的な考えをしている企業も少なくないのも事実と言えます。

スポンサーリンク

契約社員から正社員になるのは難しいのか

簡単ではありませんが、契約社員から障害者雇用の正社員として働いている人はいらっしゃいます。

企業は国が定めた法定雇用率を満たすように、障害者雇用をする必要があります。

そのため、企業に貢献してくれて、問題なく勤務してくれる社員でしたら、むしろ正社員として長期的に働いて貰える環境を提供した方が、企業としては安定して法定雇用率を満たせるので、メリットも大きいと言えます。

したがって、契約社員から正社員を目指すのでしたら、まずは休まずにしっかりと働けることと、任せて貰えた仕事をしっかりと処理できるようになることが大切と言えます。

企業はボランティアで障害者を雇うのではなく、あくまでも企業を成長させるために雇うのです。

そのことを忘れずに、どのようなサポートがあれば、そのサポートと給料以上の貢献をできるのか考え、実際に行動に表して働くようにしましょう。

ただ、頑張り過ぎて体調を壊して意味が無いので、最初は安定して働き続ける事を目標にすることをオススメします。

最初から正社員として働くには

最初から障害者雇用の正社員として雇う企業も少数ですがあります。

ただ、身体障害者の求人が中心になりますし、その中でもプログラミング技術といった専門的なスキルがあったり、設備面で多少の配慮があれば健常者と同様に働ける人を対象にしていることが多いです。

そのため、待遇面も障害者雇用とは思えない程に良いこと事が多いですが、採用されにくい…というよりも、応募条件を満たす事が非常に難しいと言えます。

ただ、最近は少子高齢化の影響と障害者雇用の促進で、少しずつ障害者雇用を推し進める企業も増えているので、健常者と変わらず働ける人を前提にしている訳ではない、正社員の求人も増えて行く可能性はあります。

実際に、企業は身体障害者に関しては、企業の需要よりも供給が少なくなっているので、知的障害者や精神障害者を雇用するために、環境を整備し始めている企業は増えています。

ただ、あくまでも少しずつになるので、最初から障害者雇用の正社員として働くのは非常に難しい事には変わらないのが現状になります。

そのため、障害を抱えながらでも長期的に働ける事を企業に認めて貰えるように働く事が、一番の近道と言えるかもしれません。

企業の体力的に正社員にできないことも少なからずあるので、その場合は転職も検討して良いと思います。

安定して働けていた実績と経験があれば、決して転職して正社員を目指すことは無理ではないと思いますよ。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする