職場の人達と何を話せば良いのか分からない発達障害の人へ

職場の人達と何を話せば良いのか分からない、会話が必要最低限しかできず孤立している気持ちになる…といった悩みを抱えながら働いている発達障害者の人は決して少なくないと思います。

人によっては、なかなか相手の気持ちや空気を読む事ができず、過去にトラブルを起こして、コミュニケーションに委縮してしまっている人もいるかもしれません。

個人的な意見としては、そのような気持ちを抱えることは悪い事ではないと思います。

むしろ、「相手の気持ちを損ねてしまわないか?」などの事を考えることは、会話をする上でも大切だと思います。

ただ、そのまま何も話せないとなると、やはり働く上で気分が落ち込みやすいですし、孤立感を感じてしまいます。

スポンサーリンク

当たり障りのない話題で会話するようにする

話しやすい雰囲気を出すには、やはり普段の挨拶、感謝の言葉は大切です。

挨拶をされて嫌な顔をする人は基本的に少ないですし、感謝の言葉を言われて悪い気持ちになる人もいないと思います。

そのため、出勤・退勤時の挨拶、そして仕事を手伝って貰ったり、教えて貰った際などの感謝の言葉などをは忘れないようにしましょう。

そのような積み重ねで、「感じの良い人」、「感じが悪い人」のイメージ作られて行きます。

その上で、当たり障りのない会話からスタートしていくとよいと思います。

定番としては、やはり天気の話だったり、季節のイベントの話題などになります。

ニュースの内容などだと、興味のあるなしが分かれるので注視しましょう。

天気の話などは、あまり会話が長く続きませんが、一方で仕事を始める少し前の会話としては丁度よいと思います。

後は、趣味の話や、好きな番組の話などして、自分も興味が持てるかどうか考えてみてもよいと思います。

また、名前をしっかりと覚えて、名前を呼んで会話を始めることをオススメします。親密度が上がりやすいと思います。

無理に会話するのは難しいと思うので、上記のように気軽にできる話題で会話を始めてみてはどうでしょうか?

話しかけにくい雰囲気を出さない

話しかけにくい雰囲気としては、やはり挨拶をしなかったり、助けた貰った際の御礼や、失敗した際の反省の言葉をしない人物像としてのイメージになります。

後は、悪口をいったり、仕事に対する不満を述べることになります。

感情のコントロールができず、一度職場内で問題を起こてしまったりすると、やはり「話しかけにくい」と思われてしまう可能性があります。

そのため、難しいかもしれませんが、主治医と相談して薬などで、症状が悪化したりしないようにする対策することが大切と言えます。

後は、自分の怒りなどを鎮める方法などを、事前に周りと相談しながらも見つけておく事も大切かもしれません。

障害者雇用として配慮されていても、社員の個々の気持ちまで変えることはできません。

すぐに切れて怒り出す可能性があると思われしまったら、仕事以外の会話などは極力避けられるように可能性もあるので、出来る限り注意するようにしましょう。

もし、仮に職場の障害者に対する配慮などに不満があった場合でも、皆の前で述べるのではなく、必ず上司などと1対1の面談で、落ち着いて述べるようにしましょう。

仕事をする上で問題なく会話できるコミュニケーション能力は大切

仕事は一人ではできません。これは、健常者も障害者でも同様だと思っています。

特に新入社員なら、分からないことは教えて貰わないと仕事はできません。

そのため、分からない事を質問する際に、尻込みしてしまうような関係だったりすると、仕事が上手く行きませんし、孤立感も強くなります。

そうならないためにも、普段から最低限挨拶や教えて貰った際の感謝の言葉や失敗した場合の謝罪の言葉、そして簡単な雑談などを意識してみるとよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする