ジョブコーチを利用することで働きやすくなるのか

ジョブコーチとは、障害者にとっては就労後に支援をしてくれるサービスになります。

支援の内容としては、簡単に言えば、障害者雇用として採用された方が、長期的に働けるように、仕事のミスを減らせるようなサポートから、職場の人達との良好な関係作りの助言、障害を考慮した通勤や労働時間の見直しなどのサポートが挙げられます。

もちろん、上記の項目をクリアするには、企業側との協議が前提になるので、ジョブコーチが障害者と企業の間に入って、障害者の方が定着できるように支援してくれますし、それがジョブコーチの支援内容になります。

ジョブコーチは、障害者の方を支援するだけではなく、企業側が障害者が働ける職場にできるように支援する役割も担っているのです。

そのため、ジョブコーチを利用するには、障害者の方と、事業主の双方の同意がなければ実施できません。

障害者の方が一方的にジョブコーチの支援を受けれる訳ではないと言えます。

まずは、ハローワークや障害者職業センターなどに相談することから始めるようにしましょう。

その上で、ジョブコーチの支援を受けられるかどうか、担当の人と話し合ってみることをオススメします。

なお、ジョブコーチの支援に費用負担はありません。

スポンサーリンク

ジョブコーチの種類

ジョブコーチには、3つのタイプがあります。

配置型ジョブコーチ……地域障害者職業センターなどに配置されるジョブコーチになります。就業が困難な障害者の方を重点的に支援し、訪問型や起業在籍型のジョブコーチと連携して、障害者の方が長期的に働けるように取り組んでくれます。

企業在籍型ジョブコーチ……言葉通り、企業に在籍しているジョブコーチになります。企業が、障害者の方が長期的に働けるように職場環境を整えために、企業が採用しているジョブコーチになります。厚生労働省大臣が定める研修を修了した人、または高齢・障害・求職者雇用支援機構がおこなう研修を修了した人が担当となります。

訪問型ジョブコーチ……障害者の就労支援を目的に運営している社会福祉法人に雇用されているジョブコーチになります。企業在籍ジョブコーチ同様の研修終了が必要で、必要相当程度の経験や能力を持った人が担当します。

ジョブコーチは、上記の3つのタイプに分けられ、タイプ別のジョブコーチが連携して、障害者と事業主に支援を提供して、障害者が働きやすい職場作りへの貢献をしてくれます。

就職する際にジョブコーチの有無を確認しておく

ジョブコーチは、障害者雇用として働く人にとっては、貴重な相談窓口とも言えますし、その相談内容が職場の改善に役立つ可能性もあります。

そのため、就職する前からジョブコーチの利用に関しては検討しておくべきと言えます。

自分1人で就職活動する場合は、応募する企業に、企業在籍型のジョブコーチの方がいるのか、いなければジョブコーチのサポート受けるのに協力してくれるか等を面接の段階で確認しておくと良いかもしれません。

もし、自分で聞くのが難しい場合でしたら、ハローワークで相談しながら就職活動を続けるのもよいと思います。

また、就労移行支援事業所や障害者に特化した転職エージェトの場合も企業がジョブコーチを雇っていることもあります。

就職後のアフターフォローの内容を聞く際に確認しておくと良いと思います。

機関を利用して就職する

ハローワークや就労移行支援事業所といった機関を利用した方が、担当者と相談しながらジョブコーチの利用についても話し合うことができるのでオススメと言えます。

また、就労移行支援事業所や障害者雇用に特化した転職エージェトを利用して求人を掲載しているような企業は、障害者雇用を慎重に進めている傾向があります。

そのため、ジョブコーチの利用にも積極的な傾向がありますし、企業在籍型のジョブコーチを採用していることも多いと思います。

長期的に働ける職場で働く事を考えているのでしたら、1人で就職活動するだけではなく、支援機関も積極的に利用してみてはどうでしょうか?

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする