障害者雇用から一般雇用として働きたい

障害を抱えることになって一般雇用から障害者雇用に移ることを悩んでいる人もいれば、逆に障害者雇用から一般雇用として働きたいと思っている人もいらっしゃると思います。

”仕事量が少なくて暇な時間が多いのが辛い”

”シンプルな仕事が多くて、将来的に仕事を続けられるか不安”

”正社員になりたい”

”忙しくてもいいから、もっと一般雇用の人達同様に責任のある仕事がしたい”

このように考えている人もいらっしゃると思います。

働き方に対する価値観は人それぞれですし、障害の症状も人によって違います。勤務時間が少なく、単純作業の仕事をしながら、長期的に続けて行きけて企業に貢献して給料をもらいたいと考えることも、バリバリ働いて行きたい人も間違っていません。

ただし、注意して欲しいのは、無理をして障害を悪化させたり、体を壊したりしないようにする事です。

丁度いい仕事量や仕事の難しさの職場を探すのは、なかなか難しいです。特に一般雇用の正社員となると残業も発生しますし、障害の配慮もなくなります。

環境が一気に変わり、後悔する結果になることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

障害者雇用としてもっとやりたい仕事ができる企業に転職できないか

障害者雇用をしている企業によって、仕事の忙しさや、仕事内容も当然ですが変わってきます。また、同じ障害者雇用でも、本人の能力と障害によって割り振る仕事を変えるのが一般的です。

そのため、今の職場の仕事内容や仕事量に不満を感じているのでしたら、まずは上司と話合う事が始めましょう。

あなたが仕事で自分の能力を示していれば前向きに考えてくれる可能性は十分あると思います。

突然、仕事がガラっと変ることは無いと思いますが、少しずつできる仕事を増やしていく姿勢の方が無理はないと思いますよ。

ただし、企業の方針から難しいようだったり、正社員になりたいけど、障害者雇用では正社員として雇用して貰うのが難しい職場のようでしたら転職を検討してみてもよいと思います。

いきなり一般雇用に方針を変えるのではなく、障害者雇用に特化した転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか?

転職エージェントには、一般雇用として待遇に大きな差がないような好待遇の条件の求人もあります。

その代わりに、一定の配慮があれば健常者と変わらない能力と仕事量を求められることも珍しくありませんが、挑戦してみる価値はあると思いますよ。

転職エージェントの担当のスタッフと話し合って、どのような求人に応募できるか紹介してもらうとよいと思います。

障害者雇用で最初から正社員として採用してくれる求人はほとんどありませんが、能力と勤務状況次第では、正社員登用して貰える可能性がある企業の求人を紹介し貰えるように頼んでもよいと思います。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

一般雇用の正社員に挑戦する際の注意点

一般雇用の正社員として働く場合は、障害をクローズにして転職活動することになると思います。

残念ながら、障害を伝えるとどうしても、企業側からしたら採用にリスクを考えてしまいます。

採用した後に体調を崩したり、障害を悪化させて求職されてしまったり、残業させられない可能性を考えてしまうのです。

それでも、オープンにして就職活動することも悪くはありませんが、転職活動が難航することは覚悟しましょう。

そして、クローズにした場合は、障害の配慮を得ることはできません。

そのため、仕事を通して本当に配慮が一切無くても大丈夫なのか、残業時間や労働時間を融通して貰わなくも大丈夫かをよく考えた上で挑戦するようにしましょう。

後は、転職活動する場合は、基本的には働きながら転職先を探すようにしましょう。退職し後に転職活動を始めて、転職先が見つからずに生活費が稼げない……という状況にならないように注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする