障害者雇用の就職活動で学歴は重要か

新卒の就職活動、時には中途でも出身大学といった学歴が重視されるのが日本の就職・転職活動になります。

そのため、障害者雇用による就職を目指している障害者の方の中にも、自分の学歴を気にしている人もいると思います。

学歴の重要性に関しては、企業次第の部分が大きいですが……一般雇用に比較すれば緩いことが多いです。

そのため、一般雇用を目指しての就職活動では、学歴で足切りされるのに、障害者雇用枠なら足切りされずに面接されることもあります。

スポンサーリンク

学歴よりも人材の能力と人柄、障害の症状を重視

一般雇用の新卒の採用では、大手の企業の場合だと大量の応募がきます。だからこそ、学歴などで足切りをして、ふるいにかけてしまうのです。

一方で障害者雇用の場合は学歴だけで判断するのはリスクが高いとする傾向があります。

企業としては、やはり法定雇用率を満たしながらも、健常者に近い能力を持ち、そして欠勤せずに働けるような障害者を雇いうたいというのが本音になります。

学歴があるということは、確かに単位を取得できる学力、そして障害を抱えながらも通い続けることができたという実績を企業に示してくれています。

一方で出身大学のレベルが高いか、大卒ではないと絶対ダメなのか……というと、企業側としては、実際に会ってみて、一緒に働ける人か、マナーや面に問題ないか、障害の症状を本人から直接聞くことも重要と言えます。

学歴だけで落として、優秀な人材を落としたくないのです。だったら、一般雇用も……と思うかもしれませんが、応募者数が圧倒的に違うますし、障害というデリケートな部分もあるので、どうしても一般雇用以上に面接による情報収集が大切になります。

もちろん、企業によっても採用方針は違いますが、一般雇用よりも学歴によって足切りされる可能性は低いと言えますし、学歴が採用に大きな影響を当てることも低いです。

ただし、高い学歴をあった方が、能力面で企業側に安心させることができるのも事実なので、採用に有利になることはあると思います。

しかし、一番大切なのは、面接を通して、求人に記載されている仕事ができるか、欠勤などをしない人材か、企業側で障害の配慮ができるか、そして一緒に働けるような人材かが重視されます。

仮に認めさせることができるなら、学歴などは大きな問題ではないと思います。

高卒が最終学歴でも大卒が条件の企業に応募できるか

求人の応募条件に大卒が条件になっていて、その時点で諦めてしまう人もいると思います。

効率を考えると諦めるのも一つの選択肢ですが、もしどうしても選考を受けてみたい企業なら、直接連絡してみるという選択肢もあります。

実際に、大卒が応募条件になっている求人でも、直接連絡をとって、高卒でも選考を受けることができ、内定を獲得できるている人もいらっしゃいます。

これは、一般雇用でも、障害者雇用でもあり得る可能性になります。

ただし、やはり企業側としては障害者雇用の方が、直接会ってみたいという気持ちは強いかもしれません。

前述した要に、一般雇用の応募者よりも、障害者雇用で応募してくる人の方が、企業側が希望する人材を探すことが難しいことが挙げられます。

また、法定雇用率を満たしたくても、応募者が少なくて、満たせずにいる企業としては、最終学歴という面だけで、選考もしないのは機会の損失と考えてくれることも多いからです。

ただし、拒否される可能性も十分ありますので、何でもかんでも聞いていると時間を多大に消費するので注意してくださいね。

学歴は重要ではないのか

障害者雇用の選考は、学歴という面で足切りされにくく、面接に進みやすいです(履歴書の記載内容で足切りされることもありますが)。

※学歴で落とされなくても、履歴書の書き方などに問題があると普通に落とされるの注意してくださいね。

ただし、応募者が多い場合ですと、書類選考で学歴が足切りで見られる可能性は少なからずあります。

また、足切りを突破した後も、学歴は最初に述べたように、一定の学力面の能力の保障をしてくれるので、企業としては安心できると言えます。

それに加えて、学歴があった方が、応募できる求人も多くなるので、チャンスも増えます。

ただし、面接まで辿り着いたときに、高学歴の評価が選考において重要かとまでいわれると……何とも言えません(あくまでも参考の一つ程度と思っていた方がいいかもしれません)。

そのため、学歴に関しては、就職活動する上では、あまり意識し過ぎずに、面接の対策や応募する企業の仕事が自分にできるか、障害の配慮に求める点などを考えておくことをオススメします。

障害者雇用の就職活動は、面接以外にも、実際に職場体験することも珍しくなくなっています。

そのため、一般雇用寄りも学歴で落とされにくいからといって、採用されやすいという訳ではないことも忘れないでくださいね。

⇒障害者の就職・転職を支援してくれる転職エージェント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする