障害者雇用をしている企業の選び方

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

先天性・後天性の障害に掛からわずに、一般雇用として働く事が難しく、障害者雇用の求人をいざ探すとなると、どのように探せば良いのか…と悩む人もいらっしゃると思います。

特別支援学校等に通っている人でしたら、学校に求人が掲載されますが、一般の学校に通っていた人や、一般雇用から障害者雇用に転職する人などになると、戸惑うケースもあると思います。

そのため、ここでは簡単にはですが、障害者雇用の求人の探し方、そして企業を選ぶ上で注意点を述べて行きたいと思います。

スポンサーリンク

求人の探し方

136c26d4a382f62b540279b3a4c8318a_s

求人自体は色々な媒体に掲載されていますが、効率的に求人を探す場合は、ハローワーク、就労移行支援事業所、障害者専門の求人サイトなどを利用する事をオススメします。

ハローワークに関しては、一番最初に思い浮かべる求人の掲載先になると思うので詳しい説明は省きたいと思います。

就労移行支援企業に関しては、障害者が就労できるためのトレーニングと求人の紹介をする支援機関になります。

障害者専門の求人サイトに関しては、転職エージェントのように担当のスタッフが求人を紹介してくれることもあれば、純粋に求職者側が求人を探せるだけのサイトもあります。

サイトによっては、就労移行支援事業所が運営していて、就労のためのトレーニングやセミナーなども提供しているケースがあります。

詳しくは就労移行支援事業所が提供する就職支援とはで述べているので参考にしていただければ幸いです。

どれか一つを利用するのではなく、それぞれを併用して上手く利用した方が希望の就職先が見つかる可能性が上がると思います。

就職する企業を選ぶ上で注意すべき事

障害者雇用の採用になると、どうしても給料は落ちる傾向になるので、少しでも給料が高い企業に就職したいと思う人は多いと思います。

ただ、障害の重さにもよりますが、給料がいくら高くても、またやりたい仕事ができるからといっても、障害者に対する理解が浅い職場だったり、受け入れる環境が整っていないと長期的に働く事は難しい可能性があります。

もちろん、職場に求める事は人によって変わって来ると思いますが、安定して長期的に働く事を考えるのでしたら、給料や仕事内容に強く拘るのではなく、職場の障害に対する理解や対応、そして障害を抱える労働者に対する接し方の良し悪しなどを重視して企業を選ぶことをオススメします。

また、障害者雇用の実績や離職率なども事前に調べておくとよいと思います。

ほとんど障害者雇用の実績が無かったり、障害者の離職率が非常に高い企業は避けた方が良いと言えます。

特に中小企業の場合は、法定雇用率を満たすために、職場環境を十分に整えずに採用活動を始める事もあるので注意が必要と言えます。

間に入ってくれるスタッフも重要

就職した後に障害を抱える労働者側から会社に仕事の配力などを頼むことを躊躇う人も多いですし、企業側もなかなか気づけないことがあります。

そのような事を回避するためにも、就職後も定期的に面談などをしてくれる支援機関や就職支援をしてくれる紹介会社などを利用するようににしましょう。

間に入ってくれる機関・スタッフがいるだけで、お互いの意思疎通がしやすくなるので、就職前も後もミスマッチを防いでくれます。

将来を見越して企業を選ぶ

抱える障害や今までの職歴や資格・スキルによって障害者雇用で就職できる企業は広くも狭くもなります。

その中から自分の体調を悪くさせずに、安定して長期的に働ける企業を選ぶようにしましょう。

給料が高くないと生活が厳しい…といった事情を抱えているのでしたら、支援機関や転職エージェントののスタッフと相談して、将来的に経験を積んで行けば給料を上げられる可能性がある企業の求人を探して貰うのも一つの手段だと思います。

希望が高くなる程に応募条件も難しくなるか、求人数が減る傾向がもありますが、周りのサポートも十分活用して、あなたに一番適した企業に就職できるようにしましょう。

⇒障害者専門の求人サイト・就職・転職支援

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする