アスペルガー症候群を抱えている人に向いている仕事

df7a44a429e6c83822dd6231576df8e6_s

アスペルガー症候群は、他の障害などを抱えていない場合や障害が軽度の場合ですと、健常者と明確に区別できないケースもあります。

実際に、仕事に就きながら、30代前後で診断を受けて、初めて自分が発達障害のアスペルガー症候群と気づく人も稀にいらっしゃいます。

ただ、多くの人は、幼少時に診断されるケースが多いです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群のみでしたら、IQの面を見ると健常者と変わらない傾向があるので、知的発達面の面ではトラブルは起こしにくいです。

問題なのは、好きな事・興味のある事に強い執着を見せる点と逆に興味の無い事や嫌いな事に対しては集中できずにミスを起こしやすいです。

また、想像力が乏しい傾向があるので、先読みをしたり、相手の表情や仕草、そして会話から相手の伝えたいことや感情面を汲み取ることが苦手な人が多いです。

雑な言い方をすれば、自己中心的になりやすい傾向があるとも言えるかもしれません。

上手く適職に付くことができれば、高いパフォーマンスを発揮する事ができます。

そのため、アスペルガー症候群の人にとって大切なのは、就職活動をする前に、自己分析と客観的な分析を徹底して、自分にとっての得意分野、苦手分野、そして集中できる環境と集中できない環境などを明確にした上で、職場を探すことになります。

向いている仕事

一つの事に集中できる職種が向いていると言えます。

ただ、日本の会社はスペシャリストよりもゼネラリスト…複数の仕事をできる人を育てる傾向が強いです。

そのため、技術系に関しても、周りとの連携や部下の教育などが求められるので、なかなか一つの仕事だけに集中できる環境を提供できる職場を持っている会社は少ないと言えます。

ただ、最近は法定雇用率の上昇や規定数に満たない会社に対する納付金+社名の公開などもあって、障害を抱える人に配慮された職場を整える会社も増えています。

特にプログラミング、デザイン、数字面の資格(簿記など)、翻訳などの技術を持っていれば、一般の正社員と同じ程度の待遇で雇って貰える可能性もあります。

また、特定の技術が無くても、アスペルガー症候群事態は知的面では問題ないので、得意分野を考慮した上で、細分化して一つの仕事きり分けた事務の仕事や製造のラインといったルーティングワーク系の仕事などに従事する人もいらっしゃいます。

集中できる仕事ですと、健常者以上の能力を発揮する人もいるので、一般社員の負担を目に見えて軽くしてくれます。

注意点としては、やはり技術職と比べると給料は目に見えて落ちる傾向がある点になります。

向いていない仕事

アスペルガー症候群を抱えている人に向いていないとされているのは、前述したように、職場内の連携が常に求められる仕事、またはお客の意見を汲み取るような仕事になります。

また、先読みをしたりする事が苦手なので、柔軟な対応を求められる仕事も苦手と言えます。

具体的には、接客、コールセンター(事務の電話も含む)、取引先と直接やりとりする営業系の仕事等になります。

また、上記の仕事に含まれていなくても、やはり健常者の用に複数の仕事を抱え込むのが苦手な人も多いですし、部署変更などで仕事が突然変わると集中できなくなるケースあるので、やはり一般雇用ではなく障害者雇用として働かないと、仕事を続ける事が難しいと言えます。

就職活動の方法

障害の軽度で、技術を持っている人の場合は、健常者と同じ一般雇用として働いている人もいらっしゃいます。

また、自分がアスペルガー症候群と気づかずに働いている人も少ないですがいらっしゃいます。

ただ、基本的には障害者雇用を狙って就職活動をすることをオススメします。

やはり障害を抱えていることを隠しながら働くのは、非常にストレスになりますし、周りの視線も気になります。

人によっては、2次障害に繋がることもあります。

そのため、自分の得意分野などを考慮した上で、健常者と同じように働くのが難しいと感じたり、実際に就職活動して、情報をクローズしても面接官にバレたり、印象を良く思って貰えないのでしたら、障害者雇用に絞って就職活動してみてはどうでしょうか?

障害者雇用にの求人を探す方法

障害者雇用の就職・転職サイトを利用する方法、ハローワークや就労移行支援事業所といった支援機関を利用する方法などが考えられます。

障害者雇用の就職・転職サイトには、大手のメーカー企業の求人も簡単に探せますし、待遇も一般雇用と比較しても遜色ない程に好待遇な場合もあります。

ただ、技術職を募集しているケースが多いので、人が非常に限定されます。ただ、前述したように技術職の資格や経験が既になるのでしたら、挑戦してみる事をオススメします。

ハローワーク

無料で利用できる公共の機関になり、一般雇用の求人だけではなく、障害者雇用の求人も別に扱っていますし、相談に応じてくれます。

ハローワークは、会社から障害者雇用の状況に関する報告などを受け付ける役目も負っているので、必然的に障害者に対する相談や求人紹介なども受けてくれますし、必要な他の支援機関の紹介もしてくれます。

そのため、アスペルガー症候群を抱えていて、どのような仕事に就けば良いのか悩んでいるのでしたら、一度足を運んでみる価値はあると思います。

担当者によっても、サービスの質は変わってくるのが注意点ですが、基本的には親身に接してくれると思います。

就労移行支援事業所

障害を抱えているの就労を支援する機関になります。求人の紹介から、応募書類の添削、模擬面接、資格取得のための支援、就労のためのトレーニングといった支援を提供してくれます。

利用料は、所得によっても変わってきて、無料で利用できるケースもあります。詳しくは、就労移行支援事業所が提供する就職支援とはで詳しく述べているので、興味がある人は参考にして頂ければ幸いです。

利用する場合は、通う必要があるので、住まいから遠いと利用が不便なケースもありあmすが、専門の支援機関になるので、ハローワークよりも支援は充実しています。

また、独自の非公開求人などを扱っている事も多いので、素早く就労先を見つけたい人は積極的に利用する事をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする